世田谷区三宿にあったバー、mocamboでした。みんな、アタース!
by mocambo131
遂に、というかやっとキャブ買いました。
蒸し暑くてバイクいじれん。



今、バイクいじり真っ最中はなんとベスパ。

人生3度目のベスパは、本気のベスパです。
c0145582_17513372.jpg
'53 VESPA ACMA

でして、なんだかんだで乗れてます。


やっとの思い、遠い道のりを経てここまで来たベスパですが、これがベスパに乗れば乗るほどドカティが恋しくなってきました。



それは、ドカティを高回転でぶん回した時の感覚(快感)を呼び戻すのです。ベスパが。


意外でした。

もう一度ドカティに跨るぞ!

ってことで、デロルトを付けたい気持ちを抑え、ケーヒンのPE24を買いました。
c0145582_17424712.jpg
デロルトはもちろん、アマルやウェーバーばかり見てきたボクにはなんだかピンと来てません。


どう比べても、
c0145582_17431861.jpg
こっちがカッコイイ。

が、もうどうにもならないDE'LLORTO UBF24BS。

お疲れ様!

今までありがとう。



なに一つ、流用出来ませんので、ファンネルにマニホールドも必要です。
c0145582_17430309.jpg
ワイヤーも作んなきゃ。

それにM10なんだよなー、ピッチも2ミリ違うしなー。





吸気側、こんなに違う。
c0145582_17433576.jpg


スロットルバルブも全然大きいです。
c0145582_17435002.jpg
こりゃ、楽しみだ。





内心、引っ掛かる部分がちょいちょいあって心配な我がドカティですが、まずはエンジン掛けるところまで一気にやってみます。




































[PR]
# by mocambo131 | 2017-07-10 18:12 | バイク
ABU 1500C チューニングその3 & メンテナンス
夏がそこまで来てますねー。




今日はこれから急遽健康診断になりました。

尿酸値計るの久し振りで嬉しいです。


さてさて1500Cのチューニングその2をいつ書いたか見てみると、去年の7月12日でした~。

ちょうど一年前とは。

裏技紹介と言っておいてすみません。
そんなこと忘れてました。

のでいきなりですが、これです。
c0145582_12274441.jpg


この青丸がキモです。
スプールピニオンギアをゴムを使ってスプールシャフトに止めてしまいます。

これは結構明かされてない裏技です。
ボクはネットではっきりとこんなにオープンに記事にされてるのは見たことないです。

これで飛距離とノイズの問題を一気に解決出来ます。


ちなみにアベイルさんでコグホイール買うとこれ用のCクリップが黙って付いて来ます。

さすがです!



ではメンテナンスへ。
一年前に組んだので、結果オーライ、ちょうど良いですね。

汚れ具合も参考になる。

シーズンは結構釣りに行ってます。
c0145582_14054445.jpg


汚れてます。



c0145582_14054723.jpg

もっと持つかと思ってたオイルは切れ気味でした。

一年スパンではダメですね。

反省。


c0145582_14054824.jpg

酷使感あり。
しっかり掃除して。

c0145582_14055028.jpg

赤ベロと同じようにグリスアップ&ギアにオイル刺しまして。

c0145582_14055365.jpg

終了です。


気持ち良いです。




先日、早速赤ベロで多摩川にガーを釣りに行ってきました。

スプールはめちゃめちゃ回り、気分爽快でしたが、ガーどころか何もヒットしませんでした。




ところでガー居るんかいな?












埼玉のとある公園の池に居たのは見たことあるけどね。



二年ほど経ったある日、


釣りに行ったらもう居なかった。。。






















[PR]
# by mocambo131 | 2017-07-06 12:15
abu 5600c オーバーホール分解清掃
幸せな夢の続きの3回目を見れて感激の朝です。

主人公は「なつめ」という少年で、そりゃーかわいくて仕方ありません。



・・・




さて、abuの5600c、赤ベロのメンテです。

数あるabuのリールの中で最も好きな1台です。


開けるのは、、、何年ぶりだろうか?


5年とか経ってます。
c0145582_08215443.jpg
おっぱじめ

まずは基本の3つに割りましょう。
c0145582_08231848.jpg
必ず落っことすので、注意なブレーキシュー
c0145582_08241397.jpg
左から
c0145582_08250507.jpg
全バラです。







今回ベアリングをオープン化します。
c0145582_08265583.jpg
c0145582_08272648.jpg
c0145582_08274902.jpg
abuのオリジナル状態は、ベアリングにフタがしてあり、そのフタを上のCリングで止めてあります。
マチ針等でリングすぐ外れますし、フタは乗ってるだけです。



次は真ん中のレベルワインダー部。
c0145582_08310899.jpg
君はもうバラバラ~
c0145582_08313534.jpg
そういえばパイロットスクリューは3000から移植してそのまんまだった。



最後は右
c0145582_08334467.jpg
まずはマイナスからです。最初に10ミリを回しちゃいけませんよ。
ハンドル落下防止のプレートがマイナスで止めてあります。


順番に外すだけですね。
c0145582_08373957.jpg
真ん中右に見えてるベアリング。こちらも同じようにオープン化です。
左右のカップに1個づつ、計2個です。



クラッチプレート
c0145582_08415395.jpg
分解してもいいですが、飛距離というか、スプールの回転には直接関係しないので、このままメンテ進めます。昔はバラしてましたがもうしなくなりました。

綿棒やティッシュ、ウエス使って脱脂です。ここにはグリスが使われていますので、手でクラッチ切ったり繋いだりして完全に脱脂します。


c0145582_08463005.jpg
ブレーキのキャップには銅製のプレートシムが3枚はいってます。1枚くっついて2枚に見えてますが。




洗浄
c0145582_08493234.jpg
歯ブラシや綿棒で念入りに洗います。
食器洗いようの洗剤です。

c0145582_08513725.jpg
よーく乾かしましょう。

c0145582_08523220.jpg
 念入りに。







c0145582_08531360.jpg
ベアリングはボクはここまでやります、ドライヤーで中まで完璧に乾かします。
熱くすると膨張しますのでほどほどで冷風が基本です。

ちなみにベアリング再利用してますが新調したほうが良いかと思います。。。






では組み込んでいきます。

グリスでクラッチ周りからはじめます。
c0145582_08562837.jpg
高級グリス、シマノ(自転車)のデュラエースグリスを平筆を使い塗り込んでいきます。
abuの純正グリスと同じ色なのでなんだかとても気持ちよく使えるのも◎です。
c0145582_08580355.jpg
やはりクラッチを切ったりしながら稼動部の裏まで完璧に。
後で拭けば良いのでしっかりグリスアップです。



グリスはここだけで後はオイルです。
回転に関わるので後は全てオイルで処理します。
c0145582_09005189.jpg
c0145582_09012847.jpg
マメにメンテ出来る方は少し、年一くらいのメンテな方はそれなりにオイル刺します。
ここのオイルはケチらない方がいいでしょう。
ボクもそれなりのオイル使ってます。
リール用ではありませんが。


8割組み終わりました。
c0145582_09042907.jpg


ベアリング内部が見えてます。
c0145582_09051294.jpg
abuのベアリングなんでベアリングにも1滴オイル垂らしてあります。




しかしすがすがしいです。

c0145582_09073499.jpg
またいつやる気になるか判りませんので1500cも一気に仕上げましたので、つづきます。



























































[PR]
# by mocambo131 | 2017-06-29 09:09 | ザ・フィッシング
原小屋沢で気持ちよく

c0145582_08433711.jpg




今年もそれなりに沢に入ってはいます。

が釣りばかりでしかも、何故か?というか、なんというか、良いサイズばかり今年は釣れまして、沢としては明かすわけにはいかず記事に出来ないでいます。


これまた記事にしてませんが、今年1月にラッキョとケンタローと三人でがっつり屋久島に入りまして、屋久島で完全燃焼、すっかり山から遠ざかってしまいました。


ということでなまりまくってしまった我が身体。

たまにはしっかり歩きましょう、で選んだのは原小屋沢。
林道も開通再開しましたしねー。

あの封鎖で実は結構いい思いもしました。
イワナ。

ですがやはり再開したらダメですね。


ってことで
c0145582_08410598.jpg
魚留橋



伝道はしょりましての
c0145582_08413392.jpg


水少ない。




久し振りに来ましたが、濡れないで丸太橋3つ渡れたのはこれが初めてでした。
寒い冬に限ってしっかり濡らされますが。


それから伝道の造林小屋もさらに傾いてたなぁ。

何か写ったら嫌で、最近ああいった建造物は写真に撮らない。



てくてく。


大岩ノ滝だっけ?あたりから沢装備。
c0145582_08414937.jpg
ぬぬ、やられた。

前から使ってた沢用の靴下はヒルの口を通さなかったが、今年新調したのは全然ダメ。
今年はやられっぱなしです。

のでポイズンリムーバーでささやかな抵抗しましたが、やっぱ痒くなった。



でいざ沢登り開始です。

が水が少ない。


雷滝が、、、


なんか普通によくある滝に。


なので写真も撮り忘れ、お陰で歩きやすく、またまたはしょりまして

c0145582_08421886.jpg
バケモノ滝に無事到着。

奥行きがあっていー滝だなぁ。



上アップ
c0145582_08423305.jpg
バケモノ感は、ないなぁ。

チョックしとる倒木がバケモノ級に古いらしい。
70年はいるらしいのだとか、、、はたして?

原小屋沢はまぁまぁ長目の沢なのでアクアステルスで来ましたが、基本ぬめっててフエルトのがいいかな。
単独だと巻きもそれなりなのでやっぱ、どっちもどっちですかね。



c0145582_09241938.jpg
原小屋沢を象徴する景観、渓観。

ガータゴヤではないよー。

結構写真を撮ってない。

良い小滝沢山です。




でほどなく、というかやっと、
c0145582_08424954.jpg
ガータゴヤの滝!

すんばらしい!!



スラブのでっかい滝も歴史というか、古代を彷彿とさせてくれていいけど、こういった断層がぶつかりあってるボコボコの滝も迫力あっていいなー。

今日は水少ないけど。


ここで大休止。
c0145582_08435893.jpg
足が持つか、早くも心配で情けない。


ランニングも屋久島のためにしてたんで、すっかりやめてしまいお腹も出てきたし。


左岸から踏み跡たどって安全に巻いて上へ。

もう少し楽しませてもらってから原小屋沢は、急に穏やかになります。
c0145582_08442995.jpg
全く違う、優しい渓に。
c0145582_08445848.jpg
c0145582_08454282.jpg
詰めです。


詰めとは言いませんね。



そうなんです。

きつい詰めが無いのでこの沢の遡行を選びました。



ほどなく原小屋平。

で、沢装備外しまして休憩。


なんだかんだ疲れました。



姫次(ひめつぐ)、キレイで広くなってたね。
ちょっとおどろく。


榛の木丸経由で直接林道へ降りる計画なので、あの控え目な看板を楽しみに歩くとこれが。
c0145582_08455727.jpg
あらら、無残。
しかも反対向いて倒れてたのでこちら向きに立て直したら、



ぬぬぬ?

ヘアピンカーブコースだと?


すぐにピンと来ましたが、なかなかネーミングセンスがおありです。ええ。




ちなみにこれは6年前の2011年の時の物です。
c0145582_08522931.jpg
とても控え目で、好きでした。

これを書いた方は、木に赤ペンキ(大嫌い)なんかスプレーしない人でしょう。
好きでした。


ということで、ここもすんばらしい、尾根道でして、
c0145582_08462798.jpg
原生林でして


山にいると感じさせてくれます。
c0145582_08465149.jpg
丹沢でマンメイドが目に入らない遠景は貴重だなぁ。





これなんだ?
c0145582_08470530.jpg





でよっこらしょで
c0145582_08473400.jpg
あらら。ボクの知ってる榛の木丸と違うんですが。

6年経つと変わりますね。。。




ボクの知ってる榛の木丸はこっちです。
c0145582_08523520.jpg
ラッキョの髪も短いがな!
な、2011年。




あとは降るだけ。

とにかく降る。


膝痛くなった。


以前は地形図にらめっこしてやってましたが、もうgpsです。
gpsサマサマです。

が、テープやらペンキやらマーキングだらけで非常につまんない。
途中から知らない歩いたこと無い尾根を降るのでかなり緊張感を持って挑んでいたんですがね。

がっかり。


で、ここが今回のゴール、に出ました。
c0145582_08475672.jpg




c0145582_08483078.jpg

そうそう、ここがヘアピンカーブです。







ゴールをコース名にするとは、なかなかおつでありました。











暑くなったとは言え、沢で感じる水、稜線で受ける風、は共に夏のそれとは違いました。






気持ち良かったなぁ。


ルート
c0145582_08484953.png
拡大

[PR]
# by mocambo131 | 2017-06-20 10:01 | 沢登り
BP5 レガシィ オイルとエレメント交換
ついつい、ということが色々ありますよね。


車のオイル交換もやろうやろう思ってつい先伸ばし。

半年足ってしまいました。。。


いかんです、はい。



しかもとっても暑い今日この頃。


夕方にパッと済ませました。



今回はオイルフィルターエレメントも換えます。

つまりエンジンのアンダーカバーも外さないと。

で、ついついでした。
c0145582_01351030.jpg

ボルト3つは12ミリ。

外してみれば特にどーってこともないんですけどね。


いつもシールテープでまかなってたんですが、梶ケ谷のコーナンにはまさかのドレンパッキンが売ってましたので装着。
c0145582_01351253.jpg

嬉しいです。


ちなみに用賀のイエローハットには売ってません。


c0145582_01351561.jpg

フィルターはエクステンション。


ドレン締めて
c0145582_01351772.jpg

は17ミリ。




久し振りになっちゃいましたがやっぱり気持ちいいですね。
c0145582_01352209.jpg



次は早めに交換しよう!



ついでに下回りブッシュ確認しましたが問題無し。



BP5まだまだ乗ります。











[PR]
# by mocambo131 | 2017-06-20 01:20 | くるま
徹底比較 イドログリップ vs アクアステルス
どうも、こんにちは。

実はワタクシ、人生三度目のベスパを手に入れ最近はもっぱらベスパいじりに勤しんでおります。

沢登りのシーズンをベスパいじりで終わらせてしまいそうな予感も無きにしもあらずです。


さてさて、沢登りはフエルトとイドログリップの二枚看板でやってきましたが、もうイドログリップの方がソールもだいぶ減って危ないのなんのなんで、二代目はアクアステルスにしました。

でアクアステルスで沢に立ったら、やっぱりそれなりに違いを感じたので比較してみます。

イドログリップ vs アクアステルスという面と、忍者 vs ウォーターテニーという面で見てみます。
c0145582_21445153.jpg




ソール
c0145582_21445287.jpg

汚くてすみません。
汚ない方がアクアステルスです。

まず見た感じというか触った感じというか、写真では伝わりにくい部分ですが、

パッと見イドログリップには母子球部などにソール切り替えてあったりして若干の工夫が見られるのに対し、アクアステルスはのぺっと1枚ソールを貼ってあるだけです。


ですが、このイドログリップの工夫を現場で感じたことはあーりません。
もしかしたらあるのかもしれませんが、親指で立った時に時にグリップが良いということは感覚的に無かったです。

それよりも触った感じは全然違います。
新品時だけかもしれませんが、アクアステルスはオーバーに言うとちょっとネバッときます。
イドログリップは普通に粉っぽいゴムに対してアクアステルスは艶のある手に吸い付くようなゴムです。これまた大げさ、誇張かもしれませんが、吸盤のゴムに近いものを感じます。

現場ではこのアクアステルスに対する安心感は精神的にかなり良いです。

見た目はイドログリップの方が良いですが、触った感じはアクアステルスの勝ちです。



次は忍者 vs ウォーターテニーになってしまいますが、まず重量。
c0145582_21445508.jpg

忍者453グラム


c0145582_21445834.jpg

ウォーターテニー369グラム


ウォーターテニーの方が84グラム軽いですねー。
ボクのウォーターテニーは泥付きなので実際もう少し差があるかもしれません。

この84グラム、手にとってみると少し軽いかな、くらいの感覚ですがいざ、沢に入って歩き始めると全然違います。

明らかに軽いです。
忍者に比べ、かなり快適です。

もうね、全く違います。


当時の沢の先生に聞いたんですが、忍者はシューズのシャンクでプニってなる両サイドがほつれるそうです。残念ですが。
なので自分は新品時にボンドで補強しました。

ウォーターテニーの剛性はまだ分かりませんがちょっと残念ですよね、忍者。


ほんで結論。

は、もう圧倒的にウォーターテニーの方が勝ちです。
単純にアクアステルスの方が滑りません。

だって滑らない方が勝ちだから。

忍者時代(忍者ではないが)、どことなく信用しきれなかったんですが、ウォーターテニーにしてからは飛び石なんかも安心してできます。

本当に全然違いますよ~。


ボクは二度と忍者、というかイドログリップは手にしないでしょう。


もちろんウォーターテニーも滑るところは見事に滑りますのであしからず。








169.png



[PR]
# by mocambo131 | 2017-05-27 21:06 | 沢登り
日坂 岡パンのメロンパン
2017年のゴールデンウィークも終わってしまいました~。

皆さんのゴールデンウィークはいかがでしたか?

一年で一番気持ちいいゴールデンウィークですが、ボクは仕事で最後の二日間だけ休み取って遊んで来ました。



で、なんだかんだしょっちゅう会ってる中学の同級生と会うことに。

静岡県は掛川市の日坂という、それはディープなローカルです。



その同級生とボクの母親が入居している高齢者施設に行こうと出掛けたまさにその刹那。

岡パン、が。


帰りに寄ってもらいまして、ご馳走になってしまいました。

全く知りませんでしたがそこそこに有名だと、メロンパンが。


これ
c0145582_13200641.jpg

完全に想像の斜め上。

ワクワクが止まりません。
c0145582_13201055.jpg

なんだこの底抜けに昭和な食いもんは‼


c0145582_13201547.jpg

見た目以上に、食ってみても想定外。

根底を覆す、まるでメロンパンのカケラすら感じさせない潔さ。

固くない。

ヂ オリジナル!


中に入ってるクリームはさすがにメロン味かと思いきや、ここでもフルで裏を突いてくるチーズクリーム‼




で結果。

これが一番大事だが。



旨い。

この記事書いてる今、また食べたくなってる。

絶対にメジャーにはなり得ない、とことん我が道を行くメロンパンですが、嘘でなく優しさで半分出来ているこのメロンパンを食った人は幸せな人で間違いありません。


早く食べたい。
















[PR]
# by mocambo131 | 2017-05-09 13:00
男弁当
c0145582_12251745.jpg

エリンギとピーマンの豚肉炒め丼




あー、うまい。
[PR]
# by mocambo131 | 2017-05-03 12:23 |
春の沢、山
いかがお過ごしでしょうか?






そうですか。



良かったです。




しかしまぁ、自分も含めですが釣り人の多さには参りますな。

何処に行けば良いのやら。。。



仕事絡めてアウェーは奥秩父に。

一時期所属した沢登りの塾では行きましたが、釣りは初めてです。


初めてなので、聖地なようなテクニカルな沢に入りまして、ちょい先の滝の巻きでいきなり迷う。
そこまでだと思ってなかったのでロープも持ってこなくって、なんだか意気消沈。

慎重に下り、この沢は今日のところは勘弁してあげることにした。


地図にらめっこで、車で20分ほどの、だけど一応は違う水域の沢に。

人が一人、入ってる?っぽい。

かといって転進できるだけの情報が無いので入溪。

出合いからいきなり良さそうな沢だが長い沢なのでしばらく釣りしないで溯行。

も、良い淵の連続に竿を出す。

全く当たり無し。

全然釣れず、滅入る。
ルアーへの自信を無くすも、ローテーションで結局最初のルアーで通す。

そんなこと1時間弱繰り返し、やっと1匹チェイスしてくれた。

経験上、もう少し釣り上げれば釣れる気がする。


流れのある、3メートルほどの滝の、釜といううよりは四角いプール(あんまり丹沢には無い)の出口でやっと1匹。
c0145582_14011682.jpg

嬉しい。


まだ居るだろ、と連投。
今度は深場でがっちり来た!
c0145582_14012212.jpg


自分は数釣りが嫌いなので、もういいかな、とも思ったが、またいつ来れるか判らんし、沢自体も割りと釣り易い沢なのでもう少し奥まで入ることに。


ここで先行者と遭遇。

山菜採りのおいちゃんでした。

どうりで。


そんでそれなりなところで
c0145582_14012869.jpg

なんとか尺上です。


大満足で秩父の沢を後にしました。


そして、

興奮覚めやらず、2日後に丹沢へ行けそうなので無理やり出掛けました。

c0145582_14013575.jpg

昨年大分いい思いをした沢に入りましたがダメでした。

チビ2匹で切り上げました。

先日、ラッキョ達がウチラのホームに入りましたが、相当荒れてしまったらしいです。


悲し。



c0145582_14014223.jpg

ひねり王子








c0145582_14014846.jpg

ハシリドコロ

有毒







c0145582_14015949.jpg

ヒトリシズカ

葉がミントみたい。








c0145582_14020789.jpg

セントウソウ

セリの仲間







c0145582_14021308.jpg









うっかりしてるとすぐに夏だなぁ。











🎵
[PR]
# by mocambo131 | 2017-04-27 13:14 | ザ・フィッシング
fenwick fc-60,major craft finetail バットフェルール交換

どうにも気に食わんのでトラウトロッド、メジャークラフトのファインテールのグリップを換えるぞ。

メーカーはもはやグリップで儲けを出してるんだろうけど、フェルール仕様になんでしてくれないんだろうか?スピニングリールならまだ解せますが、ベイト愛用者、特にアブが大好き派にはつらい竿選びだ、全く。

渓流のトラウト用の竿はフェルール仕様皆無ですね。
でもって完全無欠のストレート仕立て。

意味わからんちん。


もちろんそれはそれでいいが、フェルール仕様も用意しろっちゅーの。



と一頻り文句言ってスッキリさせてもらった。


期待せず自分でやっちゃいましょう。

ついでにいつかやろうやろう、と思ってそのままになってたfc-60のフェルールもチャンピオン対応のフェルールにします。

なんてったってワタクシ、両頭グラインダー持っとるでちょちょいのちょいなのだ。



これと
c0145582_10214507.jpg
これ
c0145582_10190876.jpg

皆大好き富士グリップがワタクシは嫌い、大嫌いなので、このフェンウィックオリジナルのフロントコルクグリップを探しまくり、あーしてこーして手に入れたfc-60。

シリアルはJだ!

が1オンスは背負えない。もちろん。
しかも1オンスは似合わない。

が私が手に入れてからというもの、1オンスのハンドメイドに案の定はまりましてほとんど出番無し。

でもってこのでっかいコルクグリップが使ってみると本当にでかくて、こりゃアメフト選手みたいなメリケンさんが使うもんだなー、とつくづく。


構想10何年?のフェルール交換となりました。


まずは鱒用の竿から。
c0145582_10204486.jpg
男らしく思い切り行っちゃいましょう。
c0145582_10203137.jpg
c0145582_10201531.jpg
c0145582_10200116.jpg
c0145582_10194680.jpg
銘木かと思ってたリールシート部のウッドはただのニス塗でした。

だまされた。。。


径は、
c0145582_10193286.jpg
お、6ミリ。

よしよし。



では、本番のfc-60へ。

じゃーん
c0145582_10182317.jpg
バイクのパーツ磨きようですが、マンションレストアラーには必需品。


こいつでフェルールの、まずは1面を作る要領で削ります。
c0145582_10180334.jpg
こんな感じで慎重に。

どうでもいい竿ならね、元付いてるフェルールん所から切って落としちゃえばいいですよ。
そんなランカースティックも持ってます。
がやっぱりこれ位の竿になると完璧に仕上げたい。
飾り巻きも綺麗に残したい。


続けまして、裏面も同じように施します。

今時の細い竿ならこの2面で既にフェルールがぐらぐらしたりしますが、なんせ69年の竿です。
そんな柔ではありません。
c0145582_10174970.jpg
なかなか屈強です。

が、どうってことも無く取れます。
c0145582_10172632.jpg
これをグラインダー使わないで手やすりでやってる方が多々いらっしゃいますが、ボクには無理です。すみません。


で外径は、12.5ミリくらいでした。

フムフム。

でもってとてーも心強い!うらしま堂わたなべ釣具店さんへ電話。

6ミリと13ミリがありました!
さすがとしか言いようがございません。
しかも13ミリはボクみたいなフェンウィック野郎を見越してか、コッパーなブラウンが!

うーん、嬉しい。

なかなか通販でここまで満足出来る買い物は出来ません。



フェルールはすぐに届いたんですが、釣りに行く予定も無く放置気味だったんですがね。
ちょこと行くことになったんで、先ほど急いでくっつけました。

深さを微調整
c0145582_10223835.jpg
しまして、
c0145582_10222307.jpg
準備完了。
ファインテールはそのままでオッケー。
fc-60は根元がだいぶ太いので木綿糸でも巻こうと思ってたんですが、fenwick社もマスキングテープで嵩埋めしてたんで真似しました。
この竿は間違いなくジム・グリーンさんが手掛けた竿。
なんで真似です。

でエポキシで、
c0145582_10221022.jpg
こうして
c0145582_10215762.jpg
はみだしたエポキシは5分くらいしたら綺麗にふき取って、そのまま乾かないうちにマスキングも剥しましょう。
固まったら取れませんよー。



ようするにこれがしたかったんです!!
c0145582_11294115.jpg
大満足。




ということで無事にフェルール交換済ませました。



クラシックabuのリールのメンテナンス、
http://mocambo131.exblog.jp/25764458/
http://mocambo131.exblog.jp/25784624/


このバットフェルールの交換なんかは外注請け負いますので連絡いただければと思います。

[PR]
# by mocambo131 | 2017-04-19 11:15 | ザ・フィッシング


ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2001年 11月
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧