世田谷区三宿にあったバー、mocamboでした。みんな、アタース!
by mocambo131
<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
コールマン coleman200A



真の漢とは、
酔っぱらっててもランタンを灯せてこそだと、悟りべし。


たまに、ヤケドします・・・まじで。



さて、チョー久し振りのコールマンのネタ。(前回の→http://mocambo.jugem.jp/?eid=14

ご存知の方も多いかと思いますが、ボクの後輩にサイトウというイタリアのランブレッタという古いスクーターに乗るとっぽいアホがいます。

かなりのランブレッタ馬鹿でして、ゴミのようなスクーターを独りでバリバリにまでしちゃう変人です。
仕事柄もあるのか、「○○区の△△に1台ランブレッタ捨ててあるの発見しました」とか、聞いてもいないのに喋ってるような奴です。

こいつのイイところは、見掛けも完璧に仕上げるんですが、エンジンもバリバリのレース用組んだりして、また速くなった!などと言って喜んでるとこです。

実は以前「イモラキット」などと言う、イタ車好きにはたまらない名前のレース用のエンジンを組み終えて、わざわざボクに見せに来て、断ってるのに、
「頼むから乗って下さい!ハァハァ・・・」
と興奮気味に言うから乗せてもらった事があります。

その時の衝撃は・・・忘れられません。

メチャクチャに速ェーっす。

どピーキーで、ウィリーなんか朝飯前。

スクーターだと思ったら大間違い。

完全に、ただの車重が軽い200ccの2ストバイクでした。


私、昔ベスパも乗ってましたがね・・・遅くて遅くて頭に来てブローカーに流しちゃいましたからね。



と、前置きが長くなりましたが、そのサイトウが、2ヶ月くらい前に仕事をさぼってひょっこり来て
「・・・ランタン欲しいんですよぉ。」
と言いました。
買えばいいじゃん、って言ったんですが、どうやら現行のじゃ嫌らしく、かと言って昔のじゃ点くかどうかが怖いらしく、どうやらボクから情報を盗みに来たらしい感じです。

ボクから言わせると、ランタンなんざランブレッタに比べたら、まるでおもちゃ。
サイトウだったら点かなくても簡単に直せちゃうはずです。

意外と慎重な面もあるサイトウくんですが、パーツとかの調達や覚えて行くのも面倒だったりらしいです。

おまけに国内で買えるコンディションのいい古いランタンはちょっと高いんです。

玉数や背景からか、圧倒的にアメリカではランタン安いです。
ショックなくらい安いです。

で、要はオレにアメリカから仕入れさせて、メンテさせて、安く売ってくれ!
ということらしいんです。

ナマイキにも。





でね。

さっき届いたんですよ。

アメリカからランタン。
c0145582_1320529.jpg
人の物とはいえ、いつも開ける前はドキドキしますね。

c0145582_1321473.jpg
あれま?こりゃかなり良さそう!!

c0145582_13215665.jpg
こりゃ、素晴らしい。フレームがとても綺麗で羨ましい。

c0145582_13224783.jpg
期待してなかったのにグローブもちゃんとパイレックスだ。

c0145582_13234461.jpg
1978年3月製。30歳。ボクはもっと古いのに目が行っちゃうからなんだけど、この位の年代のだとこんなに良いのが手に入るんだね。

c0145582_13244588.jpg
綺麗です。かなり。



ちょっとボクがジェラシーしちゃうほどのが届きましたね。

マントルが新品で結んであったので、まずはガソリン入れないでエアーのチェックだけしました。
若干弱いような気がします。
が漏れも無く、掃除すればそんなに問題無いでしょう。

向こうからの梱包もとても丁寧(基本的に酷いです。アメリカ人の梱包は)で今まででかなり良いです。

やっぱ梱包が良いのって物も良かったりします。



良かったね!サイトウ。

可愛がってあげてくれ〜!!
(そういえばタンクをメッキする、とか凄い事言ってたなぁ)
[PR]
by mocambo131 | 2008-09-30 13:41 | コールマン
御前崎
ただ今御前崎の実家に居ます。
今、何気なく鉄腕DASH見てます。

そしたらソーラーカーが御前崎に来てますねぇ。

不思議~。
[PR]
by mocambo131 | 2008-09-28 20:43 | 店外
鹿島槍



真の漢とは、
釣りを人生に例え、成し遂げることと悟りべし。



えー、行って来ましたよ。

釣りに。



「・・・また?」かよ。

って思ったな。

釣りやらない人は、またかよ、と思うと思いますが、今からがベストシーズンでありまして、今行かずしていつ行く!です。

全国の釣り好きな人。
我慢してるとシーズン終わっちゃいますよ。


そんな能書きはどうでもよかったです。


例によっていつもの銀細工マイスターとのタッグ戦です。

今回は長野県は鹿島槍ガーデンだったかな?そんな名前の所に行って来ました。
サカモトさんとは1泊を含め、今まで二人や何人かで色んなとこ行ったりしましたが、とにかく昨日が一番の遠出でした。

で、でっぱつはAM3時。
2時半に「お越し」の電話。

「・・・ハイヨ」

良かった。電話出た。

「長野は知らんですが、東京は結構降ってますよ・・・」
って言ったら
「気のせいだ」
という返事。

いまいち意味がよく判りませんが、要するに「とにかく行くぞ」ということだけはよく判った。
やっぱそうじゃなくっちゃいけません。

ボクがサカモトさんと行くのはそういうところなのかもしれませんね。

ま、「行くの辞めるか?」って聞かれても「行くから用意して下さい」って言うんですけどね。

ようするにテンションの問題です。


c0145582_18301594.jpg
で、いつもながら往路はサカモトさんの運転です。

ボクは実はこの日寝れなかった。
娘と一緒に寝る事がほとんど無いため、この日は娘の就寝に合わせて思いっきり甘えさせる。
面倒でも心を込めて絵本を読む。
寝たのを確認しながら一緒に寝たが1時間ほどで目が覚める。

なんで、乗車後いきなり眠い。

八王子インターにはもう寝てました。

目が覚めたらそこは・・・諏訪湖のSAでした。
c0145582_1831539.jpg

とっても早〜い。

行程は、中央道〜長野道・豊科IC降りて下道40キロって感じで約300キロです。

ここからはあーでもないこーでもないして、釣り場到着は6:50分。
7時からのはずなのに、もう何人も釣りしてる。
なんか気になる。

今日はフライメインで頑張ろうという予定ですが、まずはルアーで大物を!という魂胆で、3つある池の一番上にある大物池でルアーで始める。

得意のピューパっていうルアーで必殺技をいきなり繰り出しての釣り。
サカモトさんはミノー。ミノーでアタリがなさそうでしたのでボクはピューパで、お互い違う物で探り合う。

ほどなくピューパにバイト!(トップでやってます)
乗らない。

何投目かでまたバイト!
乗らない。

う〜ん、合わせも別にしくじってない。
ルアーが大きいかな?

シケーダーに交換。

投げちゃうとルアーが小さくて見えない。

見えないとトップ出来ない。

でもまたバイト。乗らない。


一回切り替え。

ミノー投げまくりでそこら中探る。

・・・一回もアタリなし。


頭の中をこの前の丸沼釣行がかすめる。

サカモトさんも察してかどうか、ちょっと下の池行ってみるわ、で下の(真ん中の)池へ行く。

ボクは今日は1匹でいいからまあまあのが釣りたい!でこの池縛りでやってみる。
小雨が降ったり止んだりでいー感じなんですがねー。

ボクはスプーンも使わないんで、早くも攻め手が薄くなって来た。

トイレ行ったり、で気分変えたりしながら、気が付きゃ結構陽が出ていい天気。

ますますルアー釣れそうに無い。

取り合えずルアー諦めてフライに変更。

フライもドライ(テレストリアル)一辺倒なボクはまずはカメムシ。
カメムシ2種類投げるもノーバイト。
ライズはあるけどね。
ここはカメムシが居ないのね。

次はハエ。
ハエはテレストリアル(ドライフライの種類)の中では、小さめ。
目が悪い(目だけが悪い)ボクにはちょっと湖面が反射したりするとフライが見えない。
全然食わない・・・
参ったな・・・

目の前にでっかいブラウンがさっきから居るけど、まさか食わんだろうしね。
ティッペットやらリーダーやら絡んでイライラしてくる。

絡んだのほどいて、まさか食わんだろう目の前のブラウンにやる気無くハエを流してみたら・・・

エッ!食ったよ!!

あらま加えて離さない。

やった!

ウリャー!!!

合わせたら・・・

プッ

ってそのブラウンの口からハエだけ飛んで出て来た・・・



あ〜、やってもうた・・・強く合わせ過ぎた。

がっくり。


でもハエ食うんじゃん、ってことでしばらく投げるも一向に異常なし。



実は北海道の方が巻いた超とっておきのテレストリアルが1個だけ残ってる。
できればこれは使いたくなかったんだか、こうなってくるとそうも言ってられない。
温存したかったが・・・

このフライで出なかったことが無いんで、入魂して結ぶ。

1投目。
なんとか〜、なダブルホールで遠投。

ポーズ。

バシャ!

す、凄過ぎる。

今までのはなんだったの〜、の1投目でバイト。

合わせもバッチリ!

「乗ったゾー!!!!!(心の雄叫び)」

おう、おう、おう!

噂通りでかいんじゃねーの!な引き。


こりゃ手引きじゃドラグが掛からずヤバい。

余ってるライン一生懸命巻いて、リールでやりとり。

初めてフライでリールでの魚とのやりとり。

嬉しい。

是が非でもゲットしなくちゃいかん。

これをばらすようだと、オレの人生もばらすようなもんだ(?)、と自分に言い聞かせ、まるでアタック25の児玉清かのように、慎重かつ大胆に取り組む。

寄ってくるけどまた走る。

姿が見える。
おー!鼻が曲がってるブラウンだ!

結構時間掛かったけど無事に確保!じゃなくて捕獲。
c0145582_19122666.jpg
性感じゃなくて精悍な顔見たって。

やった。

取ったど。

ボクはジャンケンのグーから親指と小指をいっぱいに開いて調度きっちり20センチ。
軽く50オーバーだ。

嬉しい。

なんならもう帰ってもいい。


ちょっと一服。

いきなりボロくなっちゃったそのフライでまた始める。

乗らないけどバイト。

なんなんだ?このフライ。

しばらくしてもう1匹来た!

さっきのよりは小さいかな。
c0145582_19215928.jpg

でもまあまあでしょ。

これは落ち着いて手で引いて取り組みました。


で続いてまた来た!
前2匹とは明らかに違う引き。
重さは無いがよく走る!
きっと虹の野郎だろ!
これもリールでやりとり。
c0145582_19245725.jpg

立て続けに3匹。
グッドサイズ。
同じフライ。

しかし面白い。
さっきまでうんともすんとも言わなかったのにこのフライだけであっと言う間に3匹。

もうボロボロでこのフライはお役目ゴメンです。


ほどなくして昼休憩。

お互いに検証。

サカモトさんも真ん中の池で3匹取り合えずゲット。

よかった。

飯の後は下の池に行ってみる。

気分が変わったんでボクはルアー、サカモトさんはフライで始める。
いきなり釣ってる。
c0145582_19301462.jpg
c0145582_19303857.jpg

イエ〜イ!

またもボクはピューパでのバイトで乗らない!の繰り返し。
結局へんてこルアーで1匹レインボー追加。

この池はフライの遠投をする場所がないので、先に切り上げて、やはり大物池でフライやろうと思う。

ついでに真ん中池でまだやってなかったんでルアーでやってみる。

他の管釣りに比べたら大きいんですが、今のボクには不満足サイズがいっぱいいる。
けどすれてて釣れない。

反則ルアーで取り合えず釣ってまた上の池へ。


もう釣れなかったフライと沈むフライしか無い。

でかいストリーマーにフロータント(沈ませないオイル?)塗りたくったらちゃんと浮いてる。これでドライ開始。

これがまた良く出る!
ワンキャストワンバイト状態。
でも乗らない。

でもキャストがヘタで後ろのどこかへ引っ掛けてロスト。

フライは楽しんだんで終了。

っと対岸のサカモトさんの竿ひん曲がってる。

おー、走って応援に行くと、ちょうど取り込み中。

やった!でっかいぞ!
c0145582_19412937.jpg

しかも太い!(これ大事)

調度いい時間。
これで終わりにしました。

本日の最大魚はサカモトさんの最後の一発!

ボクは最初のが結局一番大きかったです。


せかっくの長野でやっと見付けた蕎麦屋(なかなか無かった)で疲れを癒す。
c0145582_19441923.jpg

c0145582_19444377.jpg

味良かったのに単純にソバゆで過ぎでした。ちと残念!
もちろんボクは飲んでないですよ。


で一路東京へ!!!!!!!!!!!!!

ここから先は記憶が全くありましぇ〜ん。

記憶が無くなっちゃいました。



ガルシアのブログには何か書いてありましたが、記憶が無くなっちゃったんで事実関係が不明です・・・



サカモトさん疲れてる中乾杯しにモカンボ来てくれました。
お祝いの時に飲む酒を飲まして頂きまして、二人で祝杯でございます。

よかった、よかった。


ブラウンってカッコイイね!
[PR]
by mocambo131 | 2008-09-23 19:57 | ザ・フィッシング
ホイール マッチングゥ〜!




女子に全く不人気な、くるまネタです。


秋のツーリングな季節を目前にして、ムクムクとホイール交換欲求が高まってきてます。

持て余してるPCD98の奇跡の2本のホイール。そろそろ本格的に着けたい。


昨日ちょろりアルミ磨いてみて、だいたい大丈夫。たぶん相当綺麗になる、と確信。

あとは気合いだけ〜。



じゃあ、実際131に履かせたらどうか?ってことで、さっきまであーでもないこーでもないしてました。


まずはリアから。


ジャッキアップしてタイヤのナットを外すんですが・・・ナット回らん。

締め過ぎだっちゅーの!

適正値で締めてくれ、ホントにもう。


でしょうがないからレンチに乗っかって全体重掛けて回したその2本目。
c0145582_1664510.jpg

・・・折れた。

えぇー!?折れるか?普通。

ラチェットのソケット差し込み口から綺麗に折れた。


は〜あ。ガックリ。

さっきアストロ・プロダクツっちゅう工具屋行って来たばっかりなのに・・・

このラチェットはねー、庄ちゃんっていうオイラの同級生から二十歳の時に貰った大事なラチェットなんじゃー!
二十歳からだから数々のバイクと車を、緩めては締め締め、緩めては締め締めしてきた思い出が詰まったラチェットなんだぞ!
全く。



さっき燃えないゴミに捨てました。



気を取り直して、ラチェット新調して、また乗っかってナット外してリアタイヤ外しました。
c0145582_16152549.jpg

外してみて・・・
うん?あれ?


スペーサーが着いてる??


なんで?

c0145582_16172916.jpg

うわ〜、知らんかった。

過去2度のタイヤ交換は当然自分ではやってないので本当に知らなかった。

しかも!!

このスペーサーのせいでハブが全く無視されてる・・・


う〜ん、意味不明。


ノーマルの状態から付いてるのかなぁ?
それとも前に乗ってた人が付けたのかなぁ?


ノーマルで185/60が指定でボクの乗り出しは185/60を新調して履かせてまして、今は165/70なんですが、とにかく後付けの意味無しオバフェンのせいでどうにもな内股な見かけに、フェンダーのせいで太いタイヤというかホイールはフェンダー切らないと無理だと思ってました。
c0145582_16284828.jpg

2枚で22ミリ!
凄いスペーサーだ。

きっとちょっとでもタイヤを外に出して・・・という思惑なんでしょうが・・・。


純正のホイールもこれまた+45っちゅうとんでもないオフセットなんで、なんか滅茶苦茶感があります。

なんか疲れて来ましたよ。


で、取り合えずホイール付けてみる。
c0145582_16385353.jpg

さ、さ、最高・・・。涙。

うー、カッコエー。

これ8Jなんだけど、スペーサー外せば7Jで(あればだけど)タイヤ引っ張りでフェンダー無加工でイケタですね。きっと。

しかし。このボルトの出具合が気になる。

やっぱスペーサーは純正なのか?
だとするとFIATはハブを無視したのか?
いやいや、車屋がハブしかとしちゃいかんだろう?

フロントも入ってんのか〜?スペーサー。

よくわから〜ん。

今度師匠に聞いてみようっと。

であれこれ見てみる。

c0145582_16505458.jpg

なーんか収まってんだよな〜。ギリギリ。このツライチがたまらんだよなー。
写真はやや斜めからですので実際は調度ツライチくらいです。このオバフェンと。

うんうん、よしよし。


せっかくだからフロントも見てみよう!

フロントはフロアジャッキ入らんからまず、パンタグラフでちょっと上げてからフロアジャッキ、というなんとも面倒です。

自分的にはフロントはあんまり問題無くホイール入りそうなんでお気楽ですが。

タイヤ外します、と。

やっぱりスペーサーが入ってます。

しかし不思議だ。

フロントはスペーサー付いたまんまイケルっしょ!

って思ったらね。

このホイールだと、そのスペーサーのナットがホイールに当ってダメ〜、なのが判明。

じゃ、と思いスペーサーをやっぱり外して付け直すと・・・今度はボルトのネジ山の終わりに届いてもナットが締まらん・・・

なんだ!

フロントの方が大変じゃんか!

仕方なく薄い方のスペーサーを締めないで合わせてみようかと思ったら、今イチちゃんとハマらん。

更に仕方なく厚い方かませたら、これで収まった。
お陰でこっちもツライチだ。
c0145582_1734052.jpg


フロントはフェンダーに当ったらコトだからこれはちょっと心配。

13インチで扁平低めのタイヤでイケルかな?って感じです。
c0145582_1751471.jpg

しかしカッケー。



2本しか無いんだけどね。

ホイールはSSR(スピードスター)のマーク1でした。



外付けでオイルークーラーもう1個付けちゃおうかな〜。

どうしようかな〜。
[PR]
by mocambo131 | 2008-09-16 17:13 | くるま
聖地 丸沼



9/8の月曜日、朝2時半から日光のまだ先、栃木と群馬の境目にある丸沼という所にサカモトさんと釣りに行って来ました。

丸沼は聖地であり、中禅寺湖には行ったことのあるボクは、どうしてもいつか行ってみたい湖でした。

色々と私的な用事が多くって、全然釣りに行けてない自分をさておき、さっさと秋の釣り始めから絶好調なサカモトさんにわがまま言って丸沼釣行となりました。

独りで行く時はちゃんと起きるのに、ボクと行くと寝坊する、という特技があるので2時半きっかりに電話する。

・・・ちゃんと起きてた!

こりゃすぐ来るな、と思い一気に荷物を外に出して一服〜、その間に迎えに来てくれました。


いつもながらの往路は助手席。

あんまり寝てないんで寝たいのに眠れない、という良くあるパターン。

サカモトさん、ナビ新調です。
c0145582_16125316.jpg
東北道をひた走り。
途中トイレ寄ったくらいで、まずは中禅寺湖に到着。天気もいいぞ。
(いろは坂131で流したいなぁ・・・)

ここからはトラウトマンの聖地がずっと広がります。

朝飯食ってねー、中禅寺湖にはコンビニねー、腹減ったー。
って言ってたらいきなり6時前なのに、御土産屋兼食堂がもうやってる。
ラッキー!
二人でおそば食らう。

なんでこんな早くからやってんだ?
と思ったら、あそこはブルックトラウトのこれまた聖地、湯川の入渓ポイントであそこで釣り券買って沢に入って行くところでした。

なるほどー。

もっとフライが上手くなったら湯川にも行きたい。

ですぐに湯ノ湖。湯ノ湖を観察。

硫黄の匂いがかすかにしてます。

チビ魚のライズがチラホラ。ユスリカのハッチ(集団で成虫になって飛び回ってる状態)も超浅瀬で確認。

「きっと今日はいいぞー。」

期待に胸がGカップくらいに膨らむ。


次は菅沼。
今年は閉まってる。
車中から見ると水は綺麗で何よりのロケーション!!

以前GYAOの釣りチャンネルで菅沼でフライやってたのを見た。
プロはきっちり釣ってました。

そんでほどなく丸沼に到着〜。

さっさと準備。



c0145582_16281411.jpg
c0145582_16283030.jpg
c0145582_16332311.jpg
c0145582_16333897.jpg

小雨(いろは坂は晴れてたのにね)のなか、左周りで奥の堰堤まで流しながら釣る。
今回はバッテリー新調でエレキでGO!なんで楽チンチン。

なんだけど・・・全然釣れない。
バイトも無い。ライズも無い。
ルアーあれこれしてもなんにも無い。

「なんだ!」

一旦戻って、休憩。
どうしようか相談。
一日ここで粘るか、管釣り王国栃木ですから管釣りに変更するか・・・

管釣りに変更です。

サカモトさんがこんなこと言ってました。
「なぁ、やっぱ聖地というからにはそんなに魚が釣れちゃいけないんじゃねーか。」
なるほど、そうですね。
聖地でバンバン釣れたら聖地っぽくないですね。
「オレ達には聖地はまだ早いな。」
全くです。

そうと決まればさっさと片付け、いざ発光路の森へGO!

やたら腹が減るオイラ。

昼前に蕎麦屋レストランみたいなとこに寄る。
そこで働いてたお姉さんがまぁ、べっぴんさん!
嬉しい・・・マンモス嬉しい。
思わず生ユバ¥100トッピング〜!ですよ。

美味しく頂きまして、道中二人で、
『何故に!あんなかわいい娘があんな人里離れた山ん中のあんな店で働いてるのかぁ!!』
について真剣に話し合う。
答えが出た様な出ない様な。

ほどなくしてもう嫌っちゅう峠に入る。
カーブ一つ毎に番号が振ってあってカーブ59から1までの峠というか林道抜ける。
山道大好きなんだけど、目的がそこじゃないんでまだ抜けないのか?状態。


でやっと着いた発光路の森。
ロケーションは管釣りの中でもかなり良い。
今回ロケーメインで考えてたんでココに来ましたがそれが失敗。
釣れなかった・・・

まさかの二人ともダメ。

参った。



むっちゃすれてるね。君達。

あんまりすれると逆に嫌われるよ。

オイラフライでもだめ。ショック。

サカモトさんは早々にミノーでばらしてましたが、オイラ全くダメ。

コレ使わないだろー、っていう超反則ルアー(?)で1バイトのみ。

あ〜あ。

改めて。

下手なんだなぁ、オレ。



サカモトさんも今回の釣行、ブログあげてました。
見てね!
ガルシア
[PR]
by mocambo131 | 2008-09-10 16:59 | ザ・フィッシング
お祭り



子供神輿に参加してきました。
c0145582_218459.jpg
c0145582_2184149.jpg

c0145582_219290.jpg
c0145582_2193026.jpg
c0145582_219518.jpg

スッとたすきを渡され結構その気になってしまいました。


自由が丘の商店街の連合のお祭りです。

一台おはやしが入ってまして、そのおはやしが素晴らしかったです。
太鼓のリズムが早いんですが、何が素晴らしいっておじさんの笛。
あんた!ローランド・カークか!?ってなバリバリのグルーヴ出まくりで、小太鼓、大太鼓、笛のトリオのジャズになってました。そうゆう人はおのずと吹き方もカッコエエっす。
あんな笛聞いたの初めてで嬉しかったです。


・・・昨日飲み過ぎたので・・・酒抜くのには良かったですかね。
[PR]
by mocambo131 | 2008-09-08 02:29 | 店外
プラモデルです。




ボクがまだ店をやる前の年だったかな?1999年だったと思う。

確かに1999年のことです。

時々行ってた恵比寿のミスター・クラフトで偶然見付けて即買いしました。
c0145582_19293835.jpg


1980年のモンテカルロ・ラリーの優勝車!
師匠の131ですね!


で当時作ったのがこれです。
c0145582_19321498.jpg


アバルトのカラーリングを全く無視してます・・・
なんかついでにドライバーを塗ったのを覚えてます。

限定だったんだね・・・
c0145582_19333592.jpg





1999年時点でボクが実車の131を見た事があったのはナント!
偶然見た1台だけでした。
それがこの黒にオレンジストライプでオバフェンの無いミラフィオーリでした。

当然どこにもサソリのマークは無く、それがとーってもいさぎ良くってセンスいいなぁ!と思ったりしてました。
アバルトではないからサソリが無いのは当たり前って言えば当たり前ですけどね。

後にも先にもあの131を見かけたのはあれっきり。

今はどこでどうなってんだろうか??


このプラモも引越しで出て来た大事な物です。

確か予備で手つかずのをもう1個買っといたと思ってたんだけど、引っ越しで出て来なかったから勘違いかな?
もう1個買いに行ったらもう無かったんだったかな?
[PR]
by mocambo131 | 2008-09-01 19:46 | くるま


ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2001年 11月
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧