世田谷区三宿にあったバー、mocamboでした。みんな、アタース!
by mocambo131
カテゴリ:盆栽( 8 )
植え替え 松とローズマリー ローズマリー編


松の植え替え後、一気にローズマリーも仕上げました。


ローズマリーは、その姿や早い成長から強い種と思いがちですが、根は弱く、植え替えは要注意となっています。


心配要りません。


・根の残し方
・水はけ

この2つだけ気を付けて、一年で一番植え替えに適した今すればそんなに難しくありません。
c0145582_14203270.jpg
植え替えの必要が無いような鉢とローズマリーのバランスですが、我が家はローズマリーが大好きで結構な消費をしています。

2~3年は植え替えていないのでかなり根が回っていると思います。



では抜きます。
c0145582_14203495.jpg
案の定、な根回りでした。
c0145582_14221205.jpg
恐れずいきましょう。時期がいいので大丈夫です。



c0145582_14203704.jpg
判りにくくて残念ですが、ちょっとした森のミニチュアのような環境になっていました。
新芽あり、雑草あり、苔ありで。


ですので全バラするつもりだったんですが、上部はそのまま残すことにしました。
ローズマリーの植え替えで心配な方もこれ見ていただけたら大丈夫ですが、
c0145582_14590893.gif
上の青線で囲った、このような根は切っていいです。切らなくてもいいですが、鉢に沿って丸く癖がついて張っているこの根は自分は全部切ります。




次が切ってはいけない根です。
c0145582_14592190.gif
見にくくて申し訳ありませんが、このようなひげ根を沢山持っている根は絶対に切ってはいけません。
これを切ってしまうと簡単にローズマリーは枯れてしまいます。



とにかくこの根を気を付けて、後は植えるだけです。
c0145582_14221463.jpg
あると思ってたんですが無かったので軽石は再利用です。


あとは赤玉土と培養土使って植えました。


c0145582_14221066.jpg

鉢と本体の隙間は水はけを考えて赤玉土で埋めました。


今日のところは日陰で過ごしてもらいます。


松もローズマリーも鉢の下から新しく植えた土の濁った水が透き通るまでジョウロで水をあげます。
そうして水が通るようにしてあげます。
最初が肝心です。

これでまず枯れることは無いはずです。



土いじり、本当に楽しいですね!


程よい風と、気持ちのいい気温で植え替え後のビールがさいこうでした。












[PR]
by mocambo131 | 2017-04-06 15:13 | 盆栽
植え替え 松とローズマリー まずは松


スプリング ハズ カム でありますね。

もじもじした今年の寒気もやっと抜けました。


このタイミングを待ちに待っておりました。



植え替えです。



今がジャストタイミングです。




現在一鉢だけやってる盆栽、黒松をまずは植え替えました。
一昨年まで短葉を仕掛けていたんですが、、、昨年、手を抜いてしまいました。
手を抜いたのでわざとボサボサにして(樹を元気にさせて)今年植え替えようと企んでました。
c0145582_14164462.jpg

樹勢は付きました。


まずは刃を入れます。
c0145582_14170902.jpg

松の良い香りがもう香ってきます~。




抜けました。
c0145582_14173366.jpg
この白くなってるのはカビではなく松の特有の菌です。
とても良い状態だということがこの白い菌の回り方で判ります。


c0145582_14184864.jpg
がんがんほぐしまして、この曲がった太い根が気にいらんです。
真っ直ぐで細い根、ひげ根が出ていれば喜んで残しますが、そうでは無いので落とします。
しかし前回、ここまで育ってたかなー?

c0145582_14185020.jpg
太過ぎて鋏が入りませんのでノコで落とします。
c0145582_14185206.jpg
だいぶすっきり。




これから一週間はこれでもかと水あげます。



赤玉土と砂で植えましたが、砂(と言っても粒はかなり大きい砂を使います)が少なかったかもしれません。

ですので次は3年後の2020年に植え替えましょうか。
本当は4年が理想な気がします。



松の植え替え、、、自分の成長の無さの確認のようでもあります。









[PR]
by mocambo131 | 2017-04-06 14:45 | 盆栽
黒松芽切り
梅雨明けおめでとうございます。









c0145582_7102655.jpg

ちと遅かった。

新芽ポイポイ出てる。


夏向けにさっぱりしました。
[PR]
by mocambo131 | 2014-07-23 07:09 | 盆栽
黒松 ミドリ芽摘み
c0145582_9154630.jpg

[PR]
by mocambo131 | 2014-05-09 09:11 | 盆栽
kaede 楓
昨日、急遽桜開花宣言でしたね。

近くの桜、午前と午後見に行きましたが咲いてませんでした。
で今日は1本の大きな桜に1輪だけ咲いてました。


ボクの楓も見てやってください。

2月8日 最初の大雪です。
c0145582_2118090.jpg




2月26日 わかりにくいですが芽は動いています。
c0145582_21183282.jpg




2月28日 変わりないです。
c0145582_2119435.jpg




3月4日 小さいながらも芽が付いてきてるのがわかります。
c0145582_21193248.jpg




3月7日 ちょっと育ってますね。今年は寒くて変化を感じにくいです。
c0145582_21195824.jpg




3月18日 11日間空きましたが、芽がしっかり確認できます。これは裏側になります。
c0145582_21203368.jpg




3月19日 じれったくなってきました。
c0145582_21211064.jpg




3月21日 ついに葉が確認できました。
c0145582_21215460.jpg




3月24日 可愛くて何度も手に取ってしまいました。
c0145582_21411585.jpg




3月25日 樹高6センチほどです。小さくても立派な楓の葉です。
c0145582_21415260.jpg





去年のいつだか忘れましたが、真後ろの枝を1本折ってしまいました。
真後ろだったのであまり気にしてませんが、徒長させてる枝でした。。。

スペシャル肥料があるので早く施肥したいのですが、ホームセンターに売ってませんでした。
園芸センター行った時にはあったんですが、初冬の寒い日だったので買わなかった。

太らせたいなぁ。


松さんも葉が青々してきてとても嬉しいです。
とってもえぐ~い松なんですが、旧い傷だらけな上に、ちょいと鉢とのバランスが悪いのでちゃんとブログに登場する日はまだ来ないと思います。
去年から短葉仕掛けてますので、今年揃えて来年登場させてあげれれば、と思います。

無理かな?




楓、かわいいでしょ。
[PR]
by mocambo131 | 2014-03-26 22:44 | 盆栽
第39回 作風展
先日、叔父の葬儀で沼津へ。おじちゃん、お疲れ様でした!
着いた先は、お~!懐かしの元サンテラス駿東(ここの魚屋さんで働いておりましたのは・・・18才!)。
サンテラス駿東は既に無くなっていました。

が、柿田川は健在!!

バカ綺麗。水を触ったのは、だもんで26年ぶり。

てれるなぁ。



などやってまして、待ち遠しいったらありゃしない、の今日日曜日、行って来ましたよ、上野グリーンクラブさんへ。
c0145582_15465381.jpg



写真は禁止じゃないんで数枚撮らせてもらいました。
せっかくなんでトリミングしたかったんですが、やってると面倒でブログの記事にしなくなっちゃうんでそのまんまのっけます。

うろうろしまして内閣総理大臣賞へ。
c0145582_15455037.jpg

まー、凄い松。。。

この松(相当デカイ)を愛でるボクを想像してみる・・・

立派な平屋和風家屋に川が流れるが如く唸る白い砂利の庭。
手を叩くと3色の鯉が泳いできて、その左には飛騨の大きな岩。
右を見るとそこには、背後に映る大樹をバックに、その大樹にも負けない存在感のこの黒松がデーンと。

ってボクは大丈夫でしょうか?

何やってんでしょうか。


一言で言うと、縁が無い。

まるっきり別世界。

気持ちいいね。ここまでだと。



縁はありませんが、枝や葉を観察。
c0145582_1546354.jpg

ふむふむ。しかし勉強になるね。




おい、安倍首相。この松にあんまり失礼な総理にならんでくれよな。



凄いのは置いといて、手が出せるんじゃないか?って勘違いさせてくれる小品を。
c0145582_15463824.jpg

いーですね~。樹の高さ20センチほどです。
鉢がまたやばいすね。


そんでこの会場でどれか一個持ってっていい、ってんならボクはこれですかね?もちろんありえませんが。
c0145582_15462124.jpg

小品です。席の天場。



一息入れに外の即売へ。
c0145582_15451262.jpg


どうしようかなー、と、五葉松とにらめっこしてたら優しい売主が「最終日だから限界まで値段下げるよ」と。
昔なら買ってたなぁ。妥協したものはついつい手を抜いてしまう性格なので・・・
丁重にお断りを入れて後にしました。



楽しかったです。
c0145582_15445594.jpg



貴重盆栽の方には大御所がいらしてたらしく、盛り上がっておりました。



実は持ってるボクの松(ブログ初登場)。そろそろ古葉取るか。
c0145582_15482519.jpg

テントウムシ(ナミテントウ)が真ん中に飛んできました。
[PR]
by mocambo131 | 2013-12-08 17:47 | 盆栽
大宮盆栽美術館
さっきまで大宮にある盆栽美術館に行ってきました。

なんでも大宮は、関東大震災で東京の盆栽園芸家達が皆で避難してきた所らしく、今でも盆栽屋さんが沢山受け継がれて残っています。


そんな立地のこんな建物です。
c0145582_16233573.jpg



って興味無い方にはどうでも良い話しなんですが、大宮市が大金使って盆栽集めて、博物館建てて、で2009年にオープンした美術館です。

この美術館、オープンの際、大変な事件が起きてしまい、何分イワク付きだったりだそうです。
これも真相は闇の中、らしいんですが・・・

ボクも50年代や戦前のグラスいくつも割って、なんともいたたまれない気持ちになったりしますが、これはそうゆう次元とチャイますからねー。

そして、死んじゃった、ってより殺しちゃった、ってのがね・・・アホ!!
まだまだ元気な500歳の樹だったわけですからね・・・アホ!!

でもでも、ボクみたいなトウシロウにはそれでも大層貴重な盆栽達をいつでも見れる、っちゅうのは嬉しいことです。

盆栽で名前(銘)付き、ってのはいわゆる国宝級に値するかと思うのですが、それにしても「日暮し」や「青龍」が生き残ってくれて良かったですね。


エントランス これは撮影オッケーでした。
c0145582_16342457.jpg

真柏・寿雲。
あー、凄い。

c0145582_16382915.jpg

白いところ、舎利(シャリ)って言うんだけどね、凄いよねー。
人間で言えば白骨化したホネ!死んでるの!


ではでは展示へ。
歴史や見方、醍醐味なんかの説明が簡素にあってなかなか良い。

そして何より展示してある盆栽達が凄い。

でも何やら見張られてる雰囲気がプンプンで居心地はあんまです。

すぐ警備員来ますよ。
2回も注意されましたしね。

屋外展示場でも唯一写真撮れました。
今日の一枚、だそうです。
c0145582_16472616.jpg

赤松。
c0145582_16491771.jpg

c0145582_16493428.jpg
しかしなんでコレ?

今日の一枚、って言うくらいなんだから、これはちょくちょく変わるんでしょう。
次回に期待です。

松の展示はほとんどが五葉松で、これは芽切りが終わってましたねー。
そんでボクが好きな黒松は、芽摘みを終えて、強い目と弱い芽が調度同じ大きさでした。
こういうのを季節で見て取れるのが素人には嬉しい。
赤松は、特別葉を短くする必要も無いのか?季節なのか?芽は長かったですね。



ってな感じなんですが、ちまちま言っててもしょうがないですね。

これが現存する盆栽の最高峰、「日暮し」ですよー。
c0145582_1723687.jpg

ネットで拾ったぜー。ちなみに生で見てきたぜー!!痺れたぜー!!

凄い歴史のある樹でして、昔っから有名な盆栽です。完全体ゆえ表も裏も無く、時代によってひっくり返されてきました。

しかし、思っていたよりも枝が細かったなー。
他の五葉松と比べても枝は細くって、思ってたより華奢で繊細だった。うん。
それはこの樹の資質ですからいいのですが・・・
ボクが言う必要もありませんが、他の五葉松より葉の色悪かったな。

何しろずーっとずーっと1位な樹だからなんだか心配だよねー。
ま、ボクが心配してもしょうがないか。


そんでもって個人的に見たくて見たくてしょうがなかったのが、コレ!
c0145582_17153984.jpg

銘「青龍」!!
これもネットで拾ったぜー。ちなみに生で見てきたぜー。最高だったぜー。おまけにこの写真、オレの待ち受け画面だぜー。

もうねー、ボクには龍にしか見えんよ。

やっぱホラなんでも大きいと間延びしちゃったりで、盆栽の世界もあんまり大きいと色々と難しいらしいんですが、これはこのでっかいのがカッケーなー。
そんででっけーのにさ、支えも無くどっしりと植わっててえーね。
これ鉢もかっこよかったわー。
フチはちょっと一部湾曲で足が少し欠けてて、そこまで含めて最高だった。っす。

てな感じです。

そんで別館でやってたFORMって言う盆栽写真展は、全くピンと来ませんでした。
ダーク×ダーク狙ってるんでしょうが、メリハリ無かったな。エロスを見せたそうだったけど・・・
アラーキー、撮ってくれー!!


で、美術館後にしまして、冒頭に書いた超有名な盆栽屋さんにもハシゴしてきました。
c0145582_17335456.jpg

c0145582_17341486.jpg

蔓青園さんと清香園さんです。
美術館帰りなのに美術館みたいでした。

ってことで、何故か急に晴れて思わず盆栽日和の中、満喫してきたぜー。
c0145582_1739523.jpg

・・・年間パスポート↑




フフフ。


ただのバーの店主の個人的ブログなのに、ここまで読んでしまった盆栽バカなアナタ。
そんな可哀相でオタクなアナタだけにちょいとプレゼント。

c0145582_17414611.jpg

死んじまった「双龍」な・・・
ネットで探しても出てこなかったからねー。「双龍」。本からボクが写真撮ったんで大丈夫。



盆栽、知れば知るほどやっぱこれは見るもんだな。
自分では小さい黒松を1鉢、大事に育てよう。それで充分だ。

しかしまた誰も食いつかない話しを延々としてしまった・・・・
[PR]
by mocambo131 | 2011-05-30 18:00 | 盆栽
手を抜かれた、松
縁あってボクのとこに松が来ました。


盆栽だけは手を出すの止めておこう、と思っていたんですが、店からの帰り、いつもと同じじゃつまらないんで、と初めて歩いた道で・・・こんなん見付けます。
c0145582_11495049.jpg

いわゆる、ご自由にお持ち下さい、です。

が、先週の話し。



そんで、静岡帰りの一昨日ですが、松片手に帰ってきました。

もちろん、ずぶの素人ですが、どう見ても酷い状態の松です。


c0145582_11533295.jpg

↑判りますか?剪定された枝から吹き出てるマツヤニですが、手にとって匂い嗅ぐと・・・そうです!ジンの香りです。


そんでまずは植え替えしなくては!!
なんですが、本来ちょっと時期が既に遅いです。
新芽が吹き出す前に植え替えなくちゃいけないんですが、ま、このままで来年迎えるよりは、まずは松自体が喜ぶかな、的で植え替えしました。
c0145582_11591920.jpg
c0145582_1159517.jpg

本来松は菌を持ってるんですが、これは持ってませんでした。
つまり、状態は悪い、ということです。
c0145582_1213337.jpg

ここまでバッサリやっちゃいます!
根、そのものもなんか元気無かったですね。

セッティングです。
c0145582_1232048.jpg

c0145582_1234420.jpg

根の状態が悪かったんで、水はけ重視で用土の前に軽石敷きました。
針金は固定用ですよ。こんなん。
c0145582_125544.jpg

そんで土をつんつくしながら入れていきます。
c0145582_1265158.jpg

c0145582_1273819.jpg

取りあえず完了です。

スカスカでボサボサ↓大丈夫でしょうか???
c0145582_1282916.jpg

先日、独りだと怪しいんで、娘を使って向かいのヤマトの集配所に立派に生えてるコケを貰ってきたんで、もう少し落ち着いたらコケ張ります。


先日その苔で苔玉作ってマチが誕生日だったんでプレゼントしました。
c0145582_12382288.jpg

マチ、苔好きなんです。

話し戻って松ですが、
手を入れていって3年もすれば、まあまあな松になってくれると思います!

今年はあとは放って置いて・・・本格的な手入れは来年でもいいかもですが、たぶん我慢出来ずにやっちゃいますね。
芽摘み、芽切り、芽かき。

黒松の植え替えでした。

って、オレはどこへ向かってんだろうか?
[PR]
by mocambo131 | 2011-05-25 16:15 | 盆栽


ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2001年 11月
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧