世田谷区三宿にあったバー、mocamboでした。みんな、アタース!
by mocambo131
カテゴリ:山( 61 )
しおり完成
c0145582_15554050.jpg

メンバー各位取り来てちょ!





昨日ロールのブラックレザーライオットの記事のポスター、なんで赤くなっちゃったんだろべ?
やっぱ赤岳行くからけ?

iPhoneで投稿したんだけどね。
[PR]
by mocambo131 | 2011-09-01 15:52 |
奥穂!
行ってきた!
c0145582_144139.jpg

北アルプス、日本で3番目の山、奥穂高岳。

しか~し、ご覧の通りの展望ゼロ、残念無念ハゲチャビン。

晴れれば360°のフル展望、バッチリ富士山が見えるらしいのだが・・・

この前書きましたが、これじゃジャンダルムに行く意味ナシです・・・クソッ



ってことで珍道中です。


平日山行ってことで軽くMMCメンバーに振ってみたがそりゃそうだろう、ってことで一人でどうにか行けないかなぁと思案してるところに、毎年富士山に登ってる広瀬さんが一緒に行く、と言い出した。
そんで広瀬さんはいつもガク(ヒゲ建築家クニタケ弟子)と行ってるのでそれでは、ってことでこの3人で行ってきました(混ぜてもらったって感じ)。
c0145582_14133339.jpg

広瀬ミニ号で行きました。
c0145582_141441.jpg



マイカー規制は、ま、いっかーなどととも言っていられない面倒なアクセスですが、あの上高地の自然のためにはしゃーないね。
パラパラ雨に振られながら一路目指すは涸沢(カラサワね)。
まずは3時間の林道歩き。そんで横尾。
c0145582_14183970.jpg
c0145582_1419039.jpg
昼ご飯。
ここまでは全くの平坦路。

で本谷橋。
c0145582_14223181.jpg
c0145582_14224585.jpg


やっとここから本格的な山登り。

なんですが・・・丹沢のバカ尾根がホームのボクには、景観は素晴らしいですが言っちゃえば散歩。
しかも涸沢までの参考コースタイムは1:50。

ってことで何も疲れないまま涸沢に着いちゃったよ・・・
c0145582_14264368.jpg

と言っても15:30くらい。
本日の寝床です。
c0145582_14274611.jpg


涸沢カール
c0145582_1428235.jpg
しかしすごい景色
c0145582_14284397.jpg
一日だけのマイハウス
c0145582_14291957.jpg

c0145582_14302484.jpg
c0145582_14305075.jpg
c0145582_1431487.jpg
飲んで食って、見知らぬオバチャマやfrom浜松の若者と親睦を含め、たぶん20:00には寝てたと思う。
一晩中の雨と風にビビリながらもなんだかんだで熟睡を決める。
そんで朝4字に起こされる・・・
c0145582_14334560.jpg
c0145582_14342020.jpg

ジャンダルム行きたい・・・
5時出発!
まずはザイテングラート超えて穂高岳山荘を目指す。
c0145582_14355064.jpg
終始このような印がしてくれてあるので迷うことはまずナイでしょう。ありがたいです。
c0145582_14365433.jpg
c0145582_14371191.jpg
c0145582_14374435.jpg

ザイテングラート真っただ中!
c0145582_1438737.jpg




なんだかんだで穂高岳山荘着!
c0145582_14401217.jpg

なんも見えん!
c0145582_14403734.jpg



危ないから、って言うか、ジャンダルムはもともと危ないからあれなんだけど、そういう理由じゃ無くって、いつかまた快晴の時の為にジャンダルムは取っておくとして、ここで悩む・・・

奥穂まで行くか辞めるか。

そこに居るビショビショになってる青年が、「たった今登ってきました」と・・・
見るとフル装備抱えてる。
対してウチらは涸沢のベースに荷物デポしてるんでほぼ空荷の身。
「風が凄くてヤバイ」とも言ってる。

だけど・・・その青年のなんともすがすがしい顔を見たら行かない理由は無くなった。

根性、ただそれだけ。
c0145582_14461251.jpg

怖いのも途中から楽しくなるから不思議。味方に付けちゃえばこっちのもん。
頑張って登る、とかそういうんじゃないんで体力は使わない。晴れてれば・・・ジャンに・・・はしつこいですね。

出来過ぎクンなジェットボイルで山頂コーヒー。
c0145582_14491917.jpg

涙と汗とガスの露でグシャグシャだし、すぐに冷めるけど、人生最高の一杯。
c0145582_1450329.jpg

きっとこれ飲みに来たかったんだなー。


ではでは一気に涸沢のベースまで。
あんなに怖かったザイテングラートも奥穂の後だとただの小道。
なんかもうフルに出し切りたく、独りだけ先に行かせてもらった。


昼飯
c0145582_14574728.jpg

この人に任せるとこういう美味しいモノが食べられる。
c0145582_14583155.jpg



北穂直登ルート
c0145582_14591120.jpg

さすがにここ登ってく人は極端に少なかったな。次はここ登ってみせる。そんでジャンだ。


全長7ミリほどの小さな小さなメタリックな昆虫。
c0145582_150285.jpg

なんだこれは!?


残念だが涸沢を後にする。
c0145582_152150.jpg


帰り道をわざわざ変えて「パノラマコース」へ。
なぜか涸沢より高いところへ連れて行かれる・・・
険しい・・・
c0145582_1541084.jpg




c0145582_1552416.jpg
c0145582_15596.jpg
c0145582_1545652.jpg



疲れました~。
c0145582_1555186.jpg




また来るぞ!
c0145582_1562778.jpg

[PR]
by mocambo131 | 2011-08-20 15:06 |
奥穂高・・・ってかジャンダルム
暑いですが、気を付けずに遊んでいるボクです。



さてさて、そろそろ山がボクを呼んでいますねー。

ホームは丹沢で間違い無いですが、夏の思い出として沢だけでなく、高いとこにも行きたいわけです。
そう言えば、富士山登ったのも真夏でした。

で、ここ。
c0145582_18152211.jpg

奥穂、ならぬジャンダルム~!

変な名前です。

が、なんと魅力的な名前!

どこから入ろうかなー?
[PR]
by mocambo131 | 2011-08-11 18:46 |
嗚呼、素晴らしき丹沢・・・後半
では、四の五の言わず見てくれ!!
c0145582_13331413.jpg

ヌォーッ!!!


マチ、我慢できず発射!!

ギャハハー!


ボクチン、脱ぎ遅れたの初めてかも・・・




て、いやいや、これはまじでイイ写真!ナイスなトシ隊員。
c0145582_13354196.jpg

何しろ滝、ファインダーに入り切らんのだよ!

c0145582_133734.jpg


各々が無心で滝に打たれ、ある者は絶叫し、ある者は深く酩酊する。
c0145582_13382455.jpg
c0145582_13383752.jpg



最高だ・・・
この滝に打たれる前に死ななくて良かった。


オオゲサ?か?



全然ラッキョが帰ってこない。お前にバーナー預けてあるんだがな・・・
ま、この状況じゃしゃーないか。



やっと戻ってきて、滝が見える調度よい淵の脇でランチタイム!

腹減った・・・

c0145582_13443336.jpg
c0145582_13444614.jpg
c0145582_1345087.jpg
c0145582_13451732.jpg

うますぎる・・・
c0145582_13464382.jpg
c0145582_13465679.jpg
c0145582_1347119.jpg
c0145582_13472879.jpg

偉そうに「マイハシ、マイ器持参で」と言っておきながら自分が箸忘れました。
すみません。

滝仙人?
c0145582_1412219.jpg

なんかしてる。
c0145582_14219.jpg

ずっとここに居たい・・・


そーもいかんので下る。

この隣にも同サイズの「下棚(しもんたな)」って滝があるんだけど、そこはマモル隊員と来る時用にとっておいた。

なんなら今シーズンもう一回くらい来たい♪

白く美しい西丹沢の川原。
c0145582_1491038.jpg



と思ったらまた危ないことしてるラッキョ。
c0145582_14101526.jpg

怖い・・・


で西丹沢自然教室の真裏でバスの待ち時間でまた泳ぐ。
c0145582_14111952.jpg

皆で泳ぐ!

猛烈に楽しい!

よく笑った!

帰りの1時間のバスはずっと寝てました。
電車も寝てました。

そんで打ち上げ!
は、久しぶりの「シッダールタ」。MMCが久しぶりだったからしょうがない。
c0145582_14165941.jpg

こんなの発見!ヒマラヤのビール!これは俺たちのためのビールだ!ってことで頼む!
c0145582_1418917.jpg
c0145582_14181828.jpg

シッダールタまじで生ビールが何故か美味いです。
で、ラッキョのエビカレー。
c0145582_14192443.jpg

トヨのサグ・チキン。
c0145582_14191748.jpg
マチのマトン
c0145582_1419950.jpg
でボクのエッグ。
c0145582_14193651.jpg



ちなみにメニューに載ってたエッグカレーにはこんなにエッグが・・・
c0145582_14232389.jpg

いかーんす!

シッダールタ美味かったです!

で解散です。

今回は山登りってより後半から怒涛の山遊びになりました。

しかし楽しかった・・・
[PR]
by mocambo131 | 2011-07-11 14:25 |
嗚呼、素晴らしき丹沢
復活MMC!

久しぶりに行ってきました。

どこにしようか悩んだ末に、「雲取山」でプラン立てていたんだけど、予想外の早い梅雨明け&暑さにプラン変更。

以前書きましたが、丹沢の沢を楽しめる「畦ケ丸」に急遽変更すますた。

大正解!最高な山遊びとなりました。



今回メンバー
c0145582_12143090.jpg

下段左からトシ、トヨ、マチ。そんでラッキョとボク。
今回マモルが急遽来れなくなっちゃいましたが、マモルはマモルでしっかり違う山登ってたと思います。
山は違えど心は一緒です。

新松田から1時間バス乗って、西丹沢自然教室手前の大滝橋で下車。
畦ケ丸経由で西丹へ回る周遊コースです。

準備体操などしてのんびりスタート。

いきなり沢沿いでテンション激上がり!
そして何より水がキレイ!!
沢に入ると一気に気温も下がって最高に気持ち良いです。
そして早くも。
c0145582_1222562.jpg

もうボクはこの時点で全身ずぶ濡れです。

何故か?このかっこが好きなラッキョ。
c0145582_12232027.jpg


まだまだ序盤、先を急ぎます。
c0145582_1224126.jpg
c0145582_12264227.jpg
c0145582_12265990.jpg



段々沢からルートは外れ、尾根を目指す峠道に。
結構キツいです。
巻いて巻いて、大滝峠上へ。
ここから畦ケ丸までは気持ちの良い稜線です。
と行っても山登り。楽させてくれません!
ちなみに話してる内容は超くだらないです。
くだらなすぎて、今度録音しておきたくらいです。

そんで着いた!
c0145582_12332798.jpg

と思った畦ケ丸避難小屋。
あまりに展望が悪いんでちゃんと地図見たら、頂上はもうちょっと先!

で、頂上
c0145582_12343445.jpg

ん?なんでラッキョはO?

展望大して変わらん!

この時期山頂は虫だらけ。昼ご飯はこの時期山頂を外すのが通であります。

我が隊の本日のテーマは「畦ケ丸で滝を見ながらそうめんを食う」です。
頂上では小休憩で済ませ、本日のメインへと急ぎます。

ってことで今度は一気に下ります。

交尾!中のヒグラシを見付け邪魔するラッキョ。まるで小学生です。
c0145582_132203.jpg

ラッキョ、飛んでる蝶の名前全部言ってました。おもろいです。ハンパない虫博士です。


切り立っています。
c0145582_13221133.jpg



途中、行きのバスで一緒だったご夫婦とすれ違いました。このご夫婦はボクらの逆ルートです。
情報交換。楽しいです。


そんで下って下って、途中ちょっと道間違えたり(これがまた楽しい)でいよいよ本日メインの滝、「本棚」へ!!

想像以上のあまりの滝の迫力!

・・・後半へ続きます。
[PR]
by mocambo131 | 2011-07-11 13:29 |
また行ったの?
どうもですー。


昨日店に向かってる途中、変な運転な自転車おじさんが居て、迷惑だったんで後輪に上手くぶつけてやろうと思い、ココだっ!
って漕いでぶつけてやろうとしたら、目が付いてるの?的なよけ方が見事で、そっちに感服したボクです。



いやいや、さておき、昨日は見事に久し振りに晴れましたねー。

火曜の営業もラスト、ババさんとレモンちゃんでエーちゃんとモッズの大合唱で終わったの調度5時だったんですよー。
そんでね、帰ろうと思ったらさ、なんだこの快晴っぷりは!!

嬉しくなっちゃって突発的にまた行ってきました。山。

最寄駅5;44に乗ると渋沢駅の2番目のバスに間に合うんで、急いでチャリで家に帰って支度して駅までダッシュして行ってきました。塔ノ岳。

はっきり言いまして、ここでのダッシュがたぶん今日一番の心拍数だったと思います。
そんでもって、オニギリすら買う時間が無かったです。


電車乗って、もうこの先買える場所無いなー、と漠然としましたが、ま。こんなんもいいか、と割り切りました。


出発
c0145582_11474215.jpg
既に腹が減ってます。大丈夫なのか?

今日も心拍数計測。
c0145582_11482636.jpg

下139、上151にアラームセットして、アラームが鳴らないように歩くわけです。


まじでチョー久しぶりの富士山。ウレシー。
c0145582_1149454.jpg
これ見に来たんだよー。



しかしキツイ・・・
c0145582_11504574.jpg
けれども空の青さに助けられます。
腹減ってバテるのを、シャリバテって言いますが、まさにそれです。


到着~!
c0145582_11513122.jpg
この前よりも15分ほど時間掛かりました。珍しく2度休憩したんで。


塔ノ岳何度来たでしょうか?やっと見れましたよー。
c0145582_11541313.jpg



オニギリが食べたかった。
c0145582_11544710.jpg




今日はトレーニング、体力ももう無いんでこのままピストンです。
本当はたまには頂上でノンビリしたかったんですが、もう虫がいっぱいで辟易、退散です。




c0145582_1156263.jpg
c0145582_11564392.jpg
c0145582_1157216.jpg



シメ!
c0145582_11572928.jpg

うまかった!



碑文谷ダイエーで、なんちゃってトレッキングシューズ買いまして、今回初お目見え。
c0145582_11583562.jpg

特に問題ナシ!!




教訓
やっぱ酒残ってるとその分キツイ・・・
[PR]
by mocambo131 | 2011-06-23 11:59 |
ついに、蛭ヶ岳
ども、こんちはー。

いやー、ずーーっと行きたかった丹沢最高峰にして神奈川最高峰の蛭ヶ岳。

本来一泊のコースですが、それなりに経験と体力を積めば日帰りも可。
ってことで、今足もだいぶ出来てるんで日帰り挑戦してきました。

それにトヨに自転車で熱海誘われてまして、一回キツイのやっておきたかったんです。

蛭ヶ岳へのルートは・・・色々ありますが、ここはもう男らしく!大倉尾根ルートにしました。
だってねー、他のコースで登っても絶対やり残した感残りそうだもん。


ってことで、バカ尾根から蛭へのバカッピル珍道中です。

MMCメンバーへ。
朝5時に目が覚めて勢いで行ってきたんで誰も誘えませんでした。
ゴメンナ。
でも前から言っている丹沢一周ルートは取っておいてあるからね。



<大倉ー塔の岳>
c0145582_14321081.jpg

今回から心拍計導入っす。自転車では使ってましたが、やっぱ山で早く使いたかったんでマンモス嬉しいです。
c0145582_14322693.jpg

アラーム150に設定しましたが、あろうことか!早くも駒止茶屋手前の急登でなんと171。
さすがにイカン!、とペース落とすも、そもそもが飛ばしてないんで落とすペースもほとんどないんすー・・・
結局本日の最大心拍数はここでの171だったんですねー。
実際ココ結構な坂っす。

どうにも登りが苦手でして、このバカ尾根ちゃんも急いで頑張るとどこにも行けなくなっちゃいますんで、ゆっくりと同じペースで登ります。
結果、花立手前の急登なんかでは逆に頑張れずに心拍数は161まででした。
心拍上げきるほどの体力が既にありません。
c0145582_14331937.jpg

アミノ酸補給を超効果的に(と思ってるだけですが・・・)!摂取し、いつも通りに塔ノ岳着です。
水も歩きながら補給で一度も立ち止まりません。
そのぶんとにかくゆっくりです。
が、2:24でここまで来ました。
c0145582_14334115.jpg

c0145582_14341650.jpg




<塔ノ岳ー丹沢山>
おにぎり1個とお気に入りのザックリー1個をわざとゆっくり立ったまま食べて、水分補給して、そそくさと丹沢山に向いました。
バカ尾根ずーっと登りですので、ここの登り返しはボクには調度良いです。
c0145582_14345072.jpg

c0145582_143536.jpg

シロヤシオもまだ綺麗に残ってまして、単純に気持ち良く歩きまして、絶好調!
イー感じです。
c0145582_14455132.jpg


っとここで「峠」について判りやすい所があったんで。
c0145582_1437463.jpg

尾根の低くなったところを鞍部(コル)と言いますが、そのコルを頂点にしてまたぐところを峠といいます。↑まさに「山の上下」ですね。

で丹沢山です。
c0145582_14462750.jpg




<丹沢山ー蛭ヶ岳>
調子良いですので丹沢山山頂では立ち止まらずに、そのまま蛭ヶ岳コースに入りました。
塔ノ岳からの登り返しとは比較にならない下りですね・・・
この下りの始まるところ、逆に言うと、登ってきて最後、のところで女性が登って来ていたので少し優先し、こんにちは、と挨拶しましたら、なんとも涼しい顔して、こんにちは、と息も乱れず挨拶されました。
帰りにつくづく思いましたがこの女性ただ者じゃありませんね。

自分はといいますと、ここまでの調子の良さはどこ吹く風、いやー、きつくなってまいりました。たびたび立ち止まります。
「丹沢山ー蛭ヶ岳の稜線は本当に気持ちいいですね」などという、意味のわからない発言をよく目にしていたんですが、ボクの気持ちは「どこが気持ちいいんじゃ!ボケー。メチャきついわー!」です。
c0145582_14475142.jpg

確かに良い景色ではありますが・・・まじでピーク何個あんの?もう!です。
c0145582_14481298.jpg

また、不動の峰巻いて見える蛭が、なーんかシャイなんですよねー。
ドーンとそびえてる、って感じではなく、「来れるならおいでよっ」ってな風に見えました。
丹沢最高峰なのにえばってない感じが個人的に嬉しかったですねー。
c0145582_14484188.jpg

c0145582_144955.jpg
c0145582_14492370.jpg

おーおー、そんじゃ行ってやろうじゃんか、と鬼ゲ岩超えてまた下るんかー、も岩と鎖が大好きなんで気合入れ直しの気分転換でなんとか蛭ヶ岳到着っす!
c0145582_14494375.jpg

ここまで心拍数はもう161を超えることはなく、上りは150~160でした。

しかし・・・ソロだからかなんなのか?案外達成感がナイぞ。



<蛭ヶ岳ー丹沢山>
塩分欲してたんで(やっぱもう夏ですね)カップラーメン食べたかったんですが、月曜日の蛭ヶ岳山荘、開いてませんでしたねー。おにぎりでがまんっす。
ゆっくりしたいんですが、夜仕事なんで、せっかく来た蛭ヶ岳12分で出発です。
展望も悪かったなー。
c0145582_14544697.jpg
c0145582_1455298.jpg

意識は「帰り」になってるんで軽い下りは楽しいです。
足取りは確実に重いですが、とにかく進むだけです。

確かに復路ではこの稜線、気持ちいい、っての若干わかりましたが・・・。

かすかに見えた宮ケ瀬湖。車時代によく行ったもんです。
c0145582_14553786.jpg



途中から、カップラーメンではなく、ポカリが異様に飲みたくなってきました。
「ポ、ポ、ポッカリ!」などと無意識にほざいてましたねー。
なんせ誰も居ませんからね。

ってことで、上りでは度々立ち止まりながらも、ポカリ欲しさにみやま山荘まで頑張りましたー。

しかしここの最後の登り(行きに女性とすれ違ったトコ)はきつかったなー。
富士山の登り思い出したもんねー。

c0145582_14572271.jpg

丹沢山到着も結局危ないところは何もなく、時間も今のところ全然想定内、疲労はありますがいい感じっす!
c0145582_145747.jpg

バッテリー切れでこれが最後の写真です。すんません!

<丹沢山ー塔ノ岳>
ポカリ結局丹沢山山頂で一気飲みしまして、すぐに出発。
さすがにダレてきてます。
ペース遅いのか早いのかもうわかりません。
意識しっかりしておかないとバテるんで意識だけはダラダラしないように心掛けながら歩きました。
もう登りは度々立ち止まらないと進めませんでした。
と言ってもどこか急いでるんでしょうか、この区間、45分でしたんでよしです。



<塔ノ岳ー大倉>
塔ノ岳で最後のおにぎりほおばりまして、後は下るだけー!です。
見知らぬおじさまがニコニコ顔で話し掛けてくれて嫌な気はしないんですが、軽くヘトヘトなんと、このおじさん話し込んだら長そう・・・だったんで早々に切り上げまして、最終区間です。
膝、全く問題無しです。走りました。
ガレ場は慎重に進みましたが、規則的な階段は走りました。
途中左足の甲の辺りが軽く攣ってきたんで試しにザックリー食べたら治まりました。
ザックリー最高です。



で、アイフォンのバッテリーはとうに切れ、完全にT子が鬼ゲ岩になってるな、と思いながらも電源が切れた以上仕方ない、と開き直りまして、下りました。

標高下がるに連れて現実がよみがえってきます。


大倉戻りは16:47。9:02掛けてもどって来ました。
総休憩時間32分で、歩行時間は調度8:30。
消費カロリーに到っては4200kcalというとんでもない数字でした。

コースタイムはこんなですー。
7:45大倉0-10:09塔ノ岳10:19-11:10丹沢山ー12:40蛭ヶ岳12:52-14:09丹沢山14:13-14:59塔ノ岳15:05-16:47大倉0

下りきってやっと・・・達成感が溢れてきました。
なんかこれで熱海行けそうな気がするわ・・・
[PR]
by mocambo131 | 2011-06-09 15:08 |
グチャグチャでヌルヌルな山
昨日の土曜日、山行ってきました。

こんな天気に行くのも自分だけですね、はい。

危なかったら勿論行きませんが、天気図読むと(かなり勉強した)台風もまだまだだし、前線も張ってるけど内陸への影響も少なそうな上、何よりも無風を表してる。
要するに雨だけ。
それだったらレインウェアでOK牧場。

行けるね。

で、朝6:30時点で雨普通に降ってる。
う~ん、行く気が起きない。

1時間寝てみて7:30。
止んでやがる。

行っちゃおー。でだらだら仕度やらなんやらでいつもの渋沢駅に10時過ぎ着。

遅っ。
ちなみにいつもだったら登山バカばっかりなこの駅もご覧の通り。
c0145582_19451546.jpg



バスあるかなー?

今10:19ね・・・

オーマイガッ!
なんと10:18にバス行ってしまった・・・

くそFUCKですねー。

で次のバスが56分!

待てないっつーの。

そんじゃ今日はバカ尾根中止で、駅1個戻って秦野からヤビツ行き(これも少ない)か蓑毛行き(これは地元民が使うんでいっぱいある)で行ける山に行くことにした。

独りだし、雨だし、はっきり言ってどこでもいいもんねー。



で秦野降りてヤビツ方面のバス停向かったら、調度蓑毛行きが出発するところでしたので、すべり込む。

蓑毛からの山登りに決定。

で蓑毛。
c0145582_19551749.jpg

汗かきな上にレインウェア、しかも今日のこの雨。ぐちゃぐちゃは必至。
コンタクトレンズ装着!

そんでゲイター装着、とかやってたらもう11時をとっくに過ぎてる。

は~あ、なんだかなー。

でまずは蓑毛からヤビツ目指す。
いきなり、
c0145582_19585140.jpg

苔。これ3種の苔。


しばらくして、
c0145582_19592286.jpg

沢ガニ、白色化固体!!!しかもデケー!!!

なんかツイてる!!??


のんびりのんびり、雨と山肌楽しみながら独りヤビツを目指す。

人っ子一人、おらん。
ちょっと怖い。

しかし苔が凄い。

普段だったら気が付かないね。この雨で苔たちが見事にグリーンだよ~!
c0145582_2022779.jpg

ホント見事。たまらん。

そんでヤビツ着が確か12時10分くらいだったな。


凄い迷う。

表尾根で塔ノ岳行くかお気軽に大山にするか。

時間も時間だし、さすがに今日は下山後即風呂入りたいしで大山にしました。
計画も何もあったもんじゃ無いね。

ヌルヌル登山道も楽しいね。
そんでホラ、今、松好きだからさ、松探しながら一本道歩く。
まじでまだ誰とも会わない。ちと怖い。

ただの大山のちょっとした尾根道も、
c0145582_20935100.jpg

ご覧の幻想っぷり。
ブナもだいぶ芽吹いていて、なんだかんだ最高じゃんかー!!
汗だか雨だかよくわからんけど、もうこの上ないグチャグチャでヌルヌルが子供に返ったようで、楽しいんだよねー。

おぉー!一気に頂上行ったるぜー!
この野郎!!!
どりゃー!!
そんでもって、よっしゃー!とか
ってやってたらすぐ着いちゃいました・・・大山山頂。
c0145582_20204945.jpg

そうなんだよね。大山低いからね・・・

低い山も好きだよ。

誰も居ない頂上、一箇所だけある屋根の下で裸で昼食してると、また、変な方向から人が来た。
ちなみに本日遭遇1人目。
トレランさんでした。
あんたも好きねー。

とてもゆっくりしてみた。頂上で。
c0145582_20203122.jpg


で下りはほぼ走りっぱなしでなんと40分掛からずでヤビツまで来た。
c0145582_20204945.jpg

バスなかったらまた蓑毛まで下ろうと思ったんだけど、調度バスあったんで今日の山はココまで。

c0145582_20221429.jpg



無事に帰ってきましたー。


今日は山っていうよりも、山遊びって感じだったな。

1年に1回、こんだけグチャグチャやっとくと、しばらくは雨の日に山行きたくなくなるんで調度良かったわ。



札掛の森ってとこでこんなんやってます。
c0145582_202748.jpg

よく見えん?


ラッキョかマチ、これ一緒に行かん?7/4(月)のやつ。
『森と水と魚の関係に注目しながら森を歩いてみよう!川魚の塩焼き付き!』
[PR]
by mocambo131 | 2011-05-29 20:31 |
チョー久々に山!
おっとい(一昨日)ですが、山行って来ましたー。

5/4はゴールデンウィーク休暇を取って店休み、家で昼から武内ご夫妻とこれまた久し振りの「危機避けたい会」もとい「利き酒大会」してました。

しかしナチュラルに凄い変換だな・・・。時節柄含め。


そんで夜になって明日は5/5か~、そーかー、男子の日かー、と思ってたら何かしたい!
と激しく思い始めました。

こうなるとダメですね。飲んでるし。

ずーっと山に行く気が失せてたんですが、この勢いで一発行ってこようと思いました

目の前の武内さんを一応誘いましたが、当然行かんですね、ハイ。
8時間後に出発、とかそんなんですからね。


そんで一応声だけ掛けたんですよ、MMCのメンバーに。
後から「なんで誘ってくれなかっただ?」ってなるのもイヤなんで。

そしたら1人だけ「行きまーす!!」って。


かなりのバカ決定ですね。



では登場してもらいましょう!
c0145582_13473114.jpg

ちょっとマッチ、なんちゃって~、めちゃんこマチでーす!


いやいや、かなりのバカではありますが、私は嬉しかった。
一緒に行けたことが。


そんでルート。

マチと二人だから、ここは思い出の表尾根コースの逆ルートに迷わず決めました。

ただ心配なんが、二人とも久し振りすぎて、せっかく作ってきた足、は完全になまけ切っていること。
それと、表尾根も当然キツイということ。

ま、考えても楽になるわけでもありませんからね。
勢いですよ、勢い。

それでは登ります。

いきなりキツイ・・・
c0145582_1435550.jpg

息の上がり方が、「オイ、オレまじ?」な上がり方の上に、心臓って耳にあったんだっけ?
な心拍数。

大丈夫かなー?って思ってたんですよね、最初。

そしたらね、途中からなんだか物凄く楽しくなって来たんだよね!

キツイしさー、汗かくしさー、大変なんだけどさー、やっぱ体が覚えてんだよね!
全然楽しい方が勝ってる。

マチにキツイけどなんだか楽しくない?って聞いたら
「自分既に山登りハイ入ってますよ!」
って言って笑顔。
(お前、ちょっと早すぎやしないか?)は、置いておいて、やっぱ楽しいんだよね。

そんでとにかく、最近実践してる、急がないで同じペースで、でも休憩しない、っちゅう歩き方でどんどん標高をかせぐ。
c0145582_1414314.jpg

残念な展望ですが、これはこれでヨシ。
c0145582_14144980.jpg
c0145582_14151214.jpg

とにかく前進あるのみ。

このコース楽しい!!
c0145582_1416382.jpg


で一気に!
c0145582_14171089.jpg

ゴール!!


尊仏山荘さんでカップラーメンいただきまして、
c0145582_14183542.jpg

お前はヘン顔の天才か?下山ルートを思案。

ボクは何にも無いバカ尾根が好きなんだけど、ちょっとストイック過ぎるんで、今日は前回ラッキョと歩いた鍋割山経由で下山しました。
マチもやっぱ歩いてないところ歩きたいだろうしね。
c0145582_1421427.jpg

一気に下ります。

下りに下って
c0145582_14225579.jpg

沢に出合います。

さらに下って
c0145582_14234032.jpg

コネマチ!

ここからボクの嫌いな林道歩きです。
歩いても歩いても進んだ気がしません。
確か2キロほどあるんですよ、西山林道。
滅入ってきます。
キライです。

で、いつもの大倉に無事到着。写真撮り忘れ、バスで渋沢でビールでカンパイで帰って来ました。

心配していた体力的な部分は逆に自信を持っても良いくらい、でしたが、なにしろこれ書いてる今、筋肉痛が酷いです。
筋肉痛自体はもうどうしようもないですからね。ただのトレーニング不足です。



ちなみにマチにメールしたらやっぱ筋肉痛らしいんですが、逆にコレが嬉しい、とほざいてました。

お前も余程だな。




また作り直しです!
[PR]
by mocambo131 | 2011-05-07 14:44 |
多摩川あそび


昨日の日曜日は、MMCで山行く予定でしたが、どうにも行く気になれず中止しました。

そんでFが鯉釣りたい、ってんでまたもや多摩川へ。

前日MMCマチから「ボクも鯉釣りたいです」とのことで、現地合流しました。

しばらくやって・・・
c0145582_13284247.jpg

巨鯉ヒット!まじででかいです。

本人ビビッてます。

いやー、楽しい。

続いてマチ。
c0145582_1331667.jpg

放置ロッドに。


その後昼飯。
c0145582_1332538.jpg

激ウマイ。


ウチの家族とマチの4人でフリスビーしてたら、ほどなくマモルとトヨも合流。
マチが声掛けててくれました。

フリスビー楽しい!

ビール飲んで、
c0145582_13343028.jpg

一瞬、「フィッシング ウイズ ジョン」みたいな雰囲気。

あーでもない、こーでもないして、帰り際、もう一回パスタ茹でて食って帰ってきました。
ゆるり多摩川、でした。




そんで今朝、無性に「草もち」食べたくなり、朝の8:30からヨモギを採りにまた、多摩川へ。
ちゃんと探したこと無かったですが、東京側でヨモギを見かけた憶えが無かったんで丸子橋渡って川崎側へ。

川べりをチャリで流しながら探そうと思ったら、探す前にいきなりありました。
ツクシも食べたかったんですが・・・もう居なかったです。
スギナがいっぱいでしたので来年の2~3月までお預けですね。
c0145582_13423625.jpg

若いのだけ摘んできました。

こないして。
c0145582_13433879.jpg


こんなです。
c0145582_13441445.jpg

味はともかくとして、見た目の出来は悪いです。

やっぱお菓子作りはボクには向いていません・・・


ともかくこの歳になって多摩川が面白いです。
若い時は、とにかくキレイなところ、神聖なところ、ばかり探してはキャンプしてきましたが、チャリで10分の多摩川の気楽なアウトドアが、本格的なところは一つもありませんが、次の日に響かずとてもよろしいです。
[PR]
by mocambo131 | 2011-04-18 13:53 |


ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2001年 11月
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧