世田谷区三宿にあったバー、mocamboでした。みんな、アタース!
by mocambo131
カテゴリ:山( 61 )
滝行
夏ですね。







呼んでいる。

オレのことを。



行かなくては。

約束の地へ。




どこかって?




ここだ。
c0145582_20364847.jpg





ちなみにパンツを履いての修行は初めてだ。







ついでにこんなことも。
c0145582_20391653.jpg

c0145582_20383977.jpg






最高だ。




滝行は真の無になれる。












[PR]
by mocambo131 | 2014-08-03 20:31 |
ロック
ロック

って言ってもそっちじゃないです。



岩す。




ボクが入会したスクールにブログがあるのを昨夜初めて知りまして。

見てたんす。


そしたら。


あ、これおれだ。
c0145582_1047122.jpg

2本目で、荷をしょっての登攀です。

ちょうどルート変えてるとこです。

はっきり覚えてます。

こっちのが登りやすそうだからこっち行こう、って左へ。


取り付くと不思議と怖くないですよ。
おススメしませんが。

がんばります。
[PR]
by mocambo131 | 2014-08-01 10:50 |
お岩さん
こんにちは。
岩登岩蔵です。

このくそ暑い中、わざわざ山ん中のデイダラな岩を抱き締めに行って参りました。
c0145582_182820100.jpg



順調だった…だのに、午後からの雷雨で撤収。


しかし、すごーく勉強になりました。

再来週、沢に入って本番です。
頑張りマッスル。
[PR]
by mocambo131 | 2014-07-27 18:20 |
バカ尾根トレーニング
あー、ビール飲みて。




昨日の日曜日、バカ尾根トレーニング。



サッカーの日本戦に合わせ2時半頃出発して4:20入山。
ここ数年悩まされてて回復の兆しを感じる左足を労りつつ、あーだこーだ考えながら登る。

と、どうも調子いい。
堀山過ぎから、ついつい本気に。
そんなつもりなかったがタイムも気になり出す。

2時間11分。
全盛期でも2時間ちょうど。


やってしまった…


全力で登ってしまった…


そんな心配は他所にスンゲー見晴らし。
c0145582_12405129.jpg

パノラマちゃんと表示出来てるか?


トレーニングなんで速攻下山。


とても残念なことに、今まで一度も痛くなってない右膝が痛いのなんの。

なんなんだよ、全く。

全力のせいだな。


左で勉強したんでね、気にしませんが。



夕飯は乳の日ご馳走。
c0145582_12482720.jpg


ありがとうございます。







ボクって登りは苦手で下りは嫌いなんだよね。




なんで山登ってるんだろか?
[PR]
by mocambo131 | 2014-06-16 12:30 |
久し振りにMMC、冒険篇!
塔ノ岳で1円拾いました。





さて、とても久し振りにMMCしてきました。

玄倉ゲートーユーシンー尊仏ノ土平ー塔ノ岳ー鍋割山ー鍋割峠ー雨山峠ー雨山橋ー玄倉ゲート

↓いってきます!!
c0145582_1142243.jpg

↓ライト無いと何も見えません。平衡感覚失います。
c0145582_919567.jpg

c0145582_9195975.jpg

↓バカキレイな玄倉ダム
c0145582_920223.jpg

↓「鹿の角~!」
c0145582_920777.jpg

↓ユーシンで休憩。だいぶ朽ちたスンズー(すずめばち)の巣
c0145582_920973.jpg

↓長い林道歩き
c0145582_9201190.jpg

↓大群は・・・
c0145582_9201452.jpg

↓カエルの子
c0145582_9201693.jpg

↓尊仏ノ土平
c0145582_9202267.jpg

↓わかりにくいですが、マムシ草のゲートでやっと登山道始まる
c0145582_9202483.jpg

↓きついけど楽しい
c0145582_9202751.jpg

↓休憩も楽しい
c0145582_9203069.jpg

↓ブナ~
c0145582_9203298.jpg

↓左から 檜洞丸・臼ヶ岳・蛭ヶ岳 背中には富士山で最高な眺め。知り合いが当日歩いてる
c0145582_701098.jpg

↓着きました
c0145582_703053.jpg

↓とりあえず
c0145582_704746.jpg

↓で、鍋割山へ
c0145582_705978.jpg

↓楽しい
c0145582_711216.jpg

↓雨山峠へ(かなり危険なルート)
c0145582_712772.jpg

↓ざれてて角度もきついクサリ場。チョーアブねー。
c0145582_714497.jpg

↓懐かしの雨山峠 通行止めになってるとはこの時は知らなかった
c0145582_72153.jpg

↓沢には川虫がたくさん!
c0145582_722748.jpg

↓荒れまくり
c0145582_723652.jpg

↓荒れてるんじゃなく崩壊だ
c0145582_724887.jpg

↓なんとか巻く、ってか回避
c0145582_725950.jpg



で林道戻って車まで歩きです。

心地良い疲れでした。
MNMのポテンシャルが凄すぎてビックリです。
いわゆる普通の女の子ではありません。


ルート変えたのが良かったのか悪かったのか?
登山っていうよりも冒険でした。

また行こうな!

メンバー各位、よろしく~。



c0145582_729417.jpg

23キロ、休憩入れて10時間半、標高差1460はなかなか立派ですね。
[PR]
by mocambo131 | 2014-05-01 07:32 |
かなりエグかった南アルプスの冒険
xpが終わり、マックで投稿してますが、マックも古いので色々と大変です。





車どころか徒歩も自転車も本当はダメですが、奇跡が起きてすんなり中へ。
c0145582_1271312.jpg

なので
檻の中からが本日1枚目の写真。

ラッキー!



慌ててたのでこの時は気付きませんでしたが帰りに多々気が付く。




登山道取り付きまで、なんと。。。11キロ強!
遠過ぎますね。

ボクは・・・完璧にズルしてます。


途中の工事現場にて。
c0145582_12154082.jpg

ってゆーか、昭和。


南アルプスくらいになると堰堤もグー。しかもカワイイ。
しかし綺麗な水だ。
c0145582_12202516.jpg




重いバックパック
c0145582_12213543.jpg

が、計ると13キロしかない。
まさかの想定でテントと寝袋、水も2リットルで13キロ。

これは軽い範囲だ。



大きな声じゃ言えませんがね。
数年前の八ヶ岳は天狗岳のテント泊ザックの総重量は17キロだったが、今回よりも担げた。

体力が無さ過ぎる。


命名、ブナ平
c0145582_12264062.jpg

ボクはブナが好きなんで、たまらない。

丹沢と違くて、スケールがでかい。
どちらも比べられないほど好きだが。

ただ、クマがどうしても怖いなぁ。

熊棚は今回1つも見なかったが。




なんの羽?
c0145582_12303239.jpg

綺麗だなぁ。



はしょってゴール
c0145582_12314428.jpg

「もうゴールかよ?」
とか思ったでしょ?
ごもっともなんですが、もうゴールとかね、言わないの。
大変な思いをたくさんしたあげく、身体にも不具合連発でカラガラ帰って来たんだから。
詳しい事書いたら登山禁止令が発令されてしまうからね。

c0145582_1249677.jpg

チャリ持ち込んでの冒険は初でした。



復路の林道をカッ飛んでると、前方に真っ黒な動物が!
クマだ!って一瞬にして思い止まって良く見るとニホンカモシカでした。
どいてくれない(こいつらなかなかどいてくれない)ので口笛吹いたり叫んだり。

しょーがねーなぁ、って感じでどいてくれたんでまた進むとさらにでかいのが!
しかもそこには大好きなフキノトウが群生してる。

「おじさん、そのフキノトウ摘みたいんだけど・・・」
って言ったら、ガケ下へどいてくれた。

このスキだ、って無我夢中で摘んでると、ガサゴソとナント目の前に出て来た。


ちょ、ちょ、ちょい。

ちょうびびる


もう行くから、な、な。

って言って逃げて来た。



あのカモシカ、落ち着いてたなぁ。オレに遊んで欲しかったのかなぁ。





遊べるかっ!
[PR]
by mocambo131 | 2014-04-14 12:52 |
丹沢 塩水橋ーキュウハ沢出合ー大日沢第1堰堤ー長尾尾根へ繋がる仕事道にちょっと寄り道ー塩水橋
しかし今年の山行は晴天続きだっ!!


よほど日頃の行いが良いと見た。


さっきまで行ってきました。
今日も時間無く、ちょいと沢歩き。

前回のような雪でどうすんの~、はイヤなんで塩水橋に車停めて歩いてきました。
ここは雪無しの情報バッチリだったんで。
c0145582_15534169.jpg

正直な事言うとさ、もう雪飽きてるんだよね。あんなに行きたかった雪もさ。今シーズンはまぁまぁ行けたしさ、装備と足元が重いしさ。

エヘヘ


本谷橋
c0145582_15563661.jpg

超えてテクテク。

天王寺尾根分岐超えてしばらく行くと・・・

え?
c0145582_18345410.jpg

ガケ崩れ・・・

怖い、

でもクライムオンで
乗越えたとこ
c0145582_1837895.jpg

はっきり言ってチョー危ないです。

釣り屋は、ウェーダー履いてるんで一旦沢へ降りてました。


c0145582_1839154.jpg



目指すはキュウハ沢出合です。
c0145582_18403836.jpg



で、今度は・・・
c0145582_18414011.jpg

立派な牡鹿。
山側はえぐいガケ。雪、踏み抜いたか。

ボクにはどのような死が待っているのだろうか?



c0145582_1846126.jpg



キュウハ沢
c0145582_18505079.jpg



c0145582_18514848.jpg



大日沢へ向かうが、こっちはとっても無理な沢
c0145582_18535762.jpg




水流、多いすな
c0145582_18551747.jpg


ここまでで既にシューズがツルツルでやばし。

ま、天才的バランス感覚で難なく遡行。


ってほどでもなく第1堰堤、お助けロープ。
c0145582_18572796.jpg


これ登ってこの靴で降りてこられるか?
ボクはとてーも心配。

でも行っちゃう?

行っちゃう。


で見事にね、ドボン・・・

早春からドボン。

アイフォン濡れなくて良かった。。。


が、俄然楽しくなった!!
c0145582_1912515.jpg


沢を遡行すんのはもう無理だが、大して冷たくないし、こうなれば沢遊びだ。
c0145582_1933816.jpg

開き直りとも言うが。


とにかくこっちはやばいね。
c0145582_1945327.jpg


あんま遊んでる時間も無いんでそろそろ引き返しますか。
c0145582_1961585.jpg



どうしようかと思ったが、これが事実だしね。
ニホンカモシカ
c0145582_1910727.jpg

さっきの牡鹿とこのカモシカ以外にあと2頭見たよ、鹿の死体。

雪にやらてんのは人間だけではない、ってか彼等の方が大変だったろうね。

途中の長尾尾根へ向く小沢と小尾根への立派な橋。
c0145582_19153485.jpg

ここで休憩。
c0145582_19165728.jpg

ドボン、とおちゃらけて書きましたが、ヘルメットあって良かった。
派手に色んなとこ打ったかんね。


c0145582_19204144.jpg




c0145582_19273792.jpg

ってことでそっちの沢と尾根へ。
c0145582_19285534.jpg

雪の上には、鹿の足跡以外ありません。

時間が許す限りまで、登って、帰ってきました。


たいした冒険とはいきませんでしたが、ドボンのお陰でテンション上がって楽しかったです!


しばらく雪の八ヶ岳ばかりでしたが、やっぱり丹沢のマニアック界隈、楽しいっす!


たぶんもう膝、大丈夫そう。
ちかいうちしっかり一日、歩きたい!
[PR]
by mocambo131 | 2014-03-23 19:33 |
丹沢 伝道とか造林小屋辺り
本間橋には立派なオウチ?
があるから、あそこまでは除雪されてると勝手に推測しました。
が、あらら。。。マス釣り場のちょい先までしか車で入れません。
場所変えようかと思いましたが、寝坊で既に8時過ぎ。
歩きました。

伝道手前に現在進行形でガケ崩れ、落石中です。
行く人居ないと思いますが、目視出来ますので確認してから渡るのが賢明です。

あとは大丈夫でした。



ちょっと出来た時間で膝の確認をしたかったんですが、本格的な登攀は避けたかったので雷平までだったら楽しくスノーハイク出来るかな?って感じで行って来ました。膝はしっかりテーピングしてあります。



ですが、、、マス釣り場の先までしか車入れません。こんな感じです。
c0145582_15215656.jpg

沢筋はこうです
c0145582_15225947.jpg



もう8時過ぎてるので場所かえるのもなんだったんで歩き出しました。

魚止橋まで片道4.3キロ。11時までで引き返すつもりですので、雷平は辞めて手前の尾根どっか入ることにしました。

釣りが解禁になったんでしょうか?釣り人3人程と会いましたが、雪の上の足跡も魚止橋まで。
c0145582_15243259.jpg


そこからは古い足跡が少し。
それも伝道まででした。

伝道までは、倒木の枝が邪魔で邪魔でしょうがありません。
伝道、遠かった・・・
c0145582_1526663.jpg


伝道でうろうろ遊びしまして、行ったことない方へ。小さい沢は水量少なくどこでも渡れました。
さすがに足跡無しで嬉しいんですが、ほぼ何処に居るのか把握出来ていません。
でこの辺か、ってとこで無理やり左へ行きまして、ビンゴで造林小屋の上に出ました。
GPS見てるんで大丈夫なんですが、かなり安心しました。
造林小屋
c0145582_15273046.jpg


自分の場所が把握出来ましたんで、このままこの尾根を上へ。
c0145582_1529041.jpg


楽しい。
c0145582_15302655.jpg

獣以外の足跡は無いです。


時間切れで復路は破線を戻りましたが、トレースは古いのが一人分しか無いです。初めての人は行ってはいけませんね。
c0145582_15314092.jpg


膝は少しも痛くならず、なんだか数年振りにとても楽しい山歩きが出来ました。

c0145582_15315846.jpg



正しくは伝道ではなく伝導ですね。
c0145582_15323483.jpg



既に去年の山行回数を超えた?気がします。
次回はしっかり登ってみようと思います。
c0145582_15403839.jpg

[PR]
by mocambo131 | 2014-03-16 22:18 |
八ヶ岳周回 美濃戸口-硫黄-横-地蔵-美濃戸口
ハゲましておめでとうございます。

確実にハゲてきています。
おでこがハゲてきています。


先日なんて、今の生え際から1センチほど下に毛が1本生えてるのを娘が見付け、それをそーっと抜こうとする娘にマジ切れしたくらいです。


気にしようがしまいが、抜ける物を止めることは出来ませんね。


さて、久しぶりに山に行ってきました。
雪の八ヶ岳です。

八ヶ岳素晴らしい山ですが、取り付くまでに3時間ほど歩かされます。
抜ける毛と一緒でぼやいてみても仕方ありませんが。
c0145582_18513914.jpg

立派な八ヶ岳な看板ですが、ここまで1時間ほど歩いてます。
さらに1時間以上歩いて初めて登山が始まります。
ここがスタート
c0145582_1851497.jpg

アイゼン装着
c0145582_1852155.jpg

凄い人

c0145582_18521185.jpg

c0145582_18522598.jpg

c0145582_18523636.jpg

c0145582_18525553.jpg


しかし凄い天気!

が早くも膝が・・・

だましだまし、ゆっくり歩きます。
c0145582_1853740.jpg

ぐるっと向こうに見える赤岳と阿弥陀岳。
本当はあっちまで行きたいが・・・

硫黄岳ピーク
c0145582_18531768.jpg

ここまで無風でしたがここからは強風です。

横岳
c0145582_18532874.jpg

へろへろです

時間切れ
c0145582_18535037.jpg

赤岳は諦めます。
左に見えるは富士山す。


c0145582_185428.jpg

行者小屋へ下って14時でした。

以前のようには歩けなくなってしまいましたが、それなりに満喫できました。


しかし膝が痛い・・・トホホ。

せめて月一で行かんと!
[PR]
by mocambo131 | 2014-01-13 19:28 |
丹沢24時間 結果14時間
2回目の参加、第3回丹沢24時間に行ってきた。

ちなみに第2回は知らない間に終わってた。


3回目にして凄い企画へと進化していた。
主流はトレランへ。


もう着いていけない・・・



27日の18:00スタートなんだけど、仕事なんで終電で渋沢駅から歩いて大倉へ。
そのまま大倉尾根入って西丹沢自然教室へ降りて、余裕があれば畦ヶ丸(オレラ的にはそうめんの山)から丹沢湖へ。
そんな計画。
18時間コースです。


ではでは
以前のように山に行けてないんで、渋沢駅からのんびり。
大倉尾根もそんびり。
前日が満月なんで明るかった。
c0145582_10121665.jpg

わかりにくいですが色男の影。


こんなにゆっくり大倉尾根を登ったことは過去無く、お陰で何も疲れないまま、あれま?大倉尾根ってこんな楽だった?的で頂上へ。
c0145582_10123892.jpg

月と富士山。うーん。
日の出前ですが、だいぶ明るい。

久しぶりの丹沢の尾根達
c0145582_10125714.jpg

この写真の尾根は全部歩き済みですね。



ではではここからエンジン掛けて行きますか、ってことでマジ歩き。
途中陽が上がり、最高な天気に最高なロケー。
テンションフル上がり!
あっチュー間に丹沢山へ。
c0145582_10114012.jpg

山ガールがキャーキャー楽しそうに写真撮ってるとこ、こっそり一枚撮って休憩無しで蛭ヶ岳へ。

しかし気持ちいい。ちょい寒いのも調度いい。
この丹沢を、このテンションで、この天候でって軽く1年以上振り。

とにかく最高でした。

できついんですが、これまたすぐに蛭ヶ岳ピークへ。
c0145582_10112494.jpg


寒いわけです。
c0145582_1013783.jpg


神奈川県の一番高いところからのマウントフジ。
c0145582_10131853.jpg

全く個人的にですが、世界遺産になんかならないで結構、だったのにね。
アホくさ。


今シーズンはそこそこ通った八ヶ岳も丸見え。
c0145582_1013293.jpg



ではいざ出発!
で蛭ヶ岳からの急な下りを快調に進んでると・・・膝が・・・いてぇ。

まじっすか?

あ~あ。

まだ行程の半分どこか3分の1くらい。時間もまだ朝の7:30。
まいったな。

で超ゆっくり歩きに変え、進む。

登りは全く大丈夫なんだが下りは痛い。
臼ヶ岳手前の偽ピークみたいなとこで大休止。

持ってきた塗り薬気休めに塗って進むも一歩目で痛い。
残念ですがチャレンジはここまでです。

あとは消化。



でまずは臼ヶ岳。
c0145582_1013405.jpg

去年さんざん馬鹿にしたからなのか?道標が新しくなっていた。

で下る。
痛い。

で頑張って檜洞丸へ。
c0145582_10135335.jpg

どこかへ降りようかな、と思いながら、時間も早いし水も西丹でくめるんで頑張っちゃいました。
が下りが怖い。

ゆっくり休んでツツジ新道下ります。

せっかくの木階段がやたら痛い。
よちよちでなんとかここまで。
c0145582_1014485.jpg

新緑のゴーラ沢出合。
白い川原に緑が眩しい。も感動は半減。
膝のせいで逆に身体は疲れておらず、気持ちも萎える。

さらに進んで
c0145582_10141530.jpg

登山道口へ。

頂上から約3時間も掛かってしまった。


一言で表すなら、トホホです。


痛いのは下りだけなんで時間あれば車道で丹沢湖まで行こうかな、とも思ってたんですが、それも危うい時間。
皆頑張ってるのに申し訳ない。

結局ここでバス乗って、温泉入って打ち上げでビールがぶ飲みして帰ってきました。



結果歩行時間14時間。
の割りに距離はいまいち、でした。


いちおう山用に日々歩いてるんですが、やっぱ平地じゃだめね。


何事も、いきなりきついのは良くないね!
[PR]
by mocambo131 | 2013-05-05 10:52 |


ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2001年 11月
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧