世田谷区三宿にあったバー、mocamboでした。みんな、アタース!
by mocambo131
カテゴリ:バイク( 33 )
エンジン組んで火花まで
今日はトヨの結婚式だなぁ。


感慨深い。








清原がムショから出て来るときに乗ってたの、あれヴェルファイアでしょ、トヨタの。




さて、

機はとっくに熟してるんで一気にやっちまいましょう。

自作カムシャフトホルダー
c0145582_351775.jpg

木が負けて欠けてしまうもこれでなんとかした。
借りた専用の特殊工具は微妙にカムのが太く入らず。



バルブにオイル忘れずに、
c0145582_3512024.jpg




入ってた場所と向きもマーキングで同じにします。
c0145582_3512418.jpg




ここは悔しいが特殊工具で。コッター嵌めてます。
c0145582_3513636.jpg

自作バルブスプリングコンプレッサー(ただのクランプ)ではどうにも歯が立たなかった。
この手のドカティのスプリングは
c0145582_3512418.jpg

これなんでこの特殊工具じゃないとお手上げです。
もう一度やるならこれ買ってもいいな。



実は苦労するも成しとけず、だったのに工具のお陰ですんなりです。
c0145582_3514371.jpg

あっという間に組めた。



探しまくっても実店舗には無かった18ミリのピストンサークリップ。
c0145582_352225.jpg

助かりました。ありがとうございます。
あるところにはあります。



久々のご対面
c0145582_3523255.jpg




プロはやらないであろう力技で、
c0145582_3524532.jpg

ささっとピストン組みまして、クリップエンジン内落とさないように養生必要です。



ここでまたストレートで購入の便利グッズ、
c0145582_3525641.jpg

ピストンリングコンプレッサーで難無く



c0145582_3531084.jpg

シリンダー装着。

わたくしのこのピストン、リングが上3っつに下1つとご丁寧でして、どうずらすか考えちゃいました。
今思うと、計4っつだから90度づつずらせばそれで良かったとね~。

素人なわたくしは上3っつで120度づつずらせて、下の1つは適当に組んでしまいました。

ですが、出来ればもう二度とご対面したくありませんので良しとしてしまいました。

ほんで一回クランクさせますと、シリンダー壁に塗っておいたオイルがこれでもかと上がってきてます。
素人判断ですが、リングしっかり効いてるような気がします。



ヘッドも乗せて、
c0145582_3533311.jpg

タペットのクリアランス取りました。
in0.05
ex0.07



そんで写真無いですが、磨くために外したクランクケースと右側のケース2枚も嵌めて(タイミングを合わせるのに一苦労)、
ポイントも嵌めまして、

シフトも付けまして、

4速に入れまして、


バッテリーに蓄電はあるのか?とウインカー点けたら点きましたので、

緊張しながらリアタイヤ回しますと・・・


火花飛んだぁ。。。


あ~、嬉しい。



腰痛と苦労が報われた一瞬であります。

これだから辞められんです。




あとはいよいよキャブ組んで、点火ですが、まだキャブ決めてません。
2つに絞りましたが。


ま、圧縮が最終チェックポイントとなりそうですが、ダメでも仕方ありません。

なんせ素人レストアですから。



分解する際にベベルシャフト上のドットのタイミングマークと下のマークが1個ずれてたような気がしますので、しっかり一直線で案外これで色々解決してくれると助かります。


しかし前所有者か誰か判りませんが、駄目な整備のせいでかわいそうな我がシングル・ドカティ。


ちょっとずつ回復させてあげましょう。






そしてなんとも非常にショックな出来事がぁ・・・


ラッキョがKTMに乗ってて、そらかっこいいKTMだった。
一回だけ遭遇したので。


これがエンジン焼きついてオレんとこ来る予定だった。

レストアで。


ドカもそろそろ方付きそうだ、なんて言っていた矢先、、、



盗まれた!


もうね、物凄いショックですよ。これは。


綾瀬はるかとデート出来るとこまで漕ぎ着けていなくなっちゃったようなもんです。



違うななぁ。


KTMよりショックだな、そりゃ。
っていうか何言ってんだ、オレ。


とにかく残念過ぎるのだった。





で、しっかりお約束な、これ。
c0145582_3535159.jpg

まったくもってどこに入ってたパーツか判らんぞ。

ストックケースにわざわざ書いておいてあるにもかかわらず、こすれてはげて判読不明。
可能性がありそうな場所は全部当ててみたがしっくりこない。
こすれた跡などから判別するんですが、どこも違う。

覚えてないってのもあれですが、重要でないってことでしょう。

ってことにする。




早く走りたいなー。
[PR]
by mocambo131 | 2016-03-19 04:52 | バイク
バルブすり合わせ&バカ便利工具
ロッキン・イチローさんが逝ってしまいましたね・・・

信じられません。


以前、花田さんのボウヤで福島に行った時にご一緒させていただきました。
見かけとは別にとても気さくで優しかった。ちょっとシャイで。

電話くれたり・・・





これからもバイク乗って山登って、やってこう。

聞こうと思ったら盗まれたんだった、頂いたCD。


CDはまた買える。






色々と小さなことが気になってなかなか進まなくなってしまったレストア。

バルブすり合わせをしました。
c0145582_21205019.jpg


c0145582_2121352.jpg

専用のコンパウンドを塗り塗り。



フェース側はとても綺麗ですが、淵がかけてる部分がありますが、特に問題無いでしょう。


始め~。
c0145582_21203577.jpg

このタコ棒、しっかりくっついてちゃんと使える。

バルブが吸い付いてこないタコ棒もあるらしいので要注意です。

ストレートで買いましたがこれはいいですよ。


バルブの先端がこんなに斜めに擦れてしまっています。
c0145582_2121459.jpg

EX側。
これは無視出来ないもんだいですね。

一生懸命削って平らにしました。
構造上これでなんら問題ないでしょう。



そんで同じくストレートで買った特殊工具、ピストンリングプライヤー。
これが安いのにバカみたいに便利だったんでご紹介です。
c0145582_2255625.jpg

うっかりちょいほっといたらリングが少し錆びてしまった。

ロックタイトの錆び取りがかなりいいのでこれでこすらず錆び取るんですが、折ってしまったら元も子もないピストンリング。

それで急遽用意したわけですが、とにかく安心で簡単です。

良かったです!


ピストンリングはピストンとシリンダーの隙間をオイルで埋める役割なわけですが、リングが錆びてデコボコになってしまうと隙間が出来てしまいオイル下がりが発生してしまいます。
なので錆びには気を付けないといけません。

すぐに気付いたので良かったですが、取り返しつかない状態だったらやばかったです。

調べまくってワンオフでリング作っていただける所も見付けましたが出来ればお世話にならない方向でいきたいもんです。

なんせ買えないので。

ホント、ピストンやシリンダーが綺麗で助かってます。


のんびりやってきます。
[PR]
by mocambo131 | 2016-02-20 22:22 | バイク
ベアリング1つ取んのに一苦労
おはようございます。

最近朝型であります。



このカムのカバー内のベアリング外すのに一苦労しましたので報告です。
c0145582_06043171.jpg

こちらもウエットブラストでキレイなのはいいんですが、なかなか参りました。

ホイール部みたいに裏から叩ければいいんですがね。


まずは全ネジの先端部にホースを仕込ませ、ネジをいくつか使い締め込みそのホースをベアリングの内側で縮ませて抜く、というなんとも脳ミソとの闘い的方法で挑みました。

念には念で100度のお湯に浸けて。
c0145582_06063836.jpg


はい。

敗戦。


秒殺。


ガッデムですよ。



やはり、絶対的信頼のそして100円!のコンクリアンカーを駆使するしかない。
c0145582_06064207.jpg

ネット先生にきいてみるがやはり、裏から打ち抜く方法ばかりだ。

う~ん、困った。


あ、そうだ。
と気付いたのは、長ナットで長いボルトをジョイントしまして、スライドハンマー化して力技で抜くやり方です。

ここまで来ると執念を感じます。

自分のことながら。


カチャカチャ組み立てガツンガツンやって、家族には白い目で見られ、まぁ慣れたもんですが、結果外れません。

全然外れません。

固着しているのか?など言い訳しか出てこない中、最後の手段で炙ります。

最初からわかってたんですが、面倒だったもんで。。。


そんで炙って2分くらいでパキッとか言い出した。

固着してないじゃん。

もう一回パキッと言ってるんでグローブしてコンロから外し、
長いボルトねじ込んで、例によってガツンのガツン、なんと呆気なく2度目のガツンで見事取れました。
c0145582_06031500.jpg

イヤー、嬉しい。

マンモス嬉しい。

苦労させられたが外れれば可愛く見えるのが不思議だ。
c0145582_06064575.jpg



恥ずかしながら2週間ほど掛かってます。




プーラーあれば一発なんですがね。

[PR]
by mocambo131 | 2016-01-28 05:58 | バイク
ウエットブラストしに行ってきた!
先日、車を運転中、赤信号で止まったところが調度バス停でした。

夕方だったこともありバス待ちの女子高生が何人も居たんですが、その中の二人の女子高生がおもむろに自撮りしたんです。


別に何てことない普通の光景なんですがね。


その 自撮りしてる角度がさ。


完全にボクに向いてるんです。



偶然信号で止まってる車の運転手が女子高生の 自撮りに写り込んでるわけです。
(女子高生達は左側、助手席側に居ます)


なんでね



思いっきりピースサインしてあげました。








さて、標題(いかにもサラリーマンっぽい言葉だ!)のウエットブラストですが、凄いです。


以前乗ってた車のエンジンぶっ壊した時にカムのヘッドをサンドブラストしてもらい、それは嬉しかったもんです。


が、トウシロウが初めてやってもえげつない効果が得られるウエットブラストは驚きであります。



それ用の写真が無いが、

before
c0145582_19553466.jpg




after
c0145582_19553729.jpg

シルバーで塗装したみたいに見えますが、もちろんしてません。

ヘッドだけじゃなく腰上全部、シリンダー、タペットとタイミングのカバー、それからクランクケースをウエットブラストしてきました。


キレイになってマンモス嬉しいボクでした。




ちなみにウエットブラストの弱点は目に見えないようなメディアが穴などに残ってしまうところです。
今回、じっくり観察してとりあえずバルブガイドは打ち変えないことにしたので念入りに綿棒で掃除しておきました。

そうするようにウエットブラスト屋さんにアドバイス受けたからです。


あとはキャブだ!

キャブ何にすっかね?





[PR]
by mocambo131 | 2016-01-18 19:13 | バイク
レストア バルブ外すまで 2-2
いやー、すっかり年末ってきました2015。


夏、沢ばかり登ってた時は雪山はもう行かんのでは?と思ってましたがちゃんと行きたくなるもんですね。


マモルが氷瀑行きたいってんで2月に行くの決定だけど、例年計画してるラッキョとの年末1泊雪山は今年都合が悪いとのことなので1人かなぁ?

マイナス15℃の中、テントで孤独を満喫するのも悪くない。


あぁ、そうだ足が無い。
車買い替えてスタッドレスを用意していなかった。
購入予定も無いしなぁ。

金額の問題だけだが。

どうすんべ?



ノッケから話しが逸れまくりましたが現在レストアはカムシャフトが外れずしばらく停滞しております。
特殊工具が要るわけなんですが、そんな物は持ってませんので自作を試みるも前作は失敗しております。

なのでカムシャフト外す前までの忘れないようにする記録です。

後で見返すとその1枚の写真が役に立ったりするもんであります。



ドカティは独自路線をドヤ顔で行くワビサビの無いバイクです。創業から。
結果エンジンの造型に色気を持った個性となってる、気がしてるんですが果たして・・・?
c0145582_1273793.jpg

ってことでバルブスプリングもいわゆる1本の筒状のスプリングなんか使うつもりが無いのがドカティ。
よくあるOHCエンジンのヘッドは背が高いけど、ドカティはこのスプリングとベベルギアを使って低くしてあるんだと思う。

と言っても、このエンジンはドカティの特徴でもあるデスモ(スプリング使わないでバルブ閉める時もカムを使う)じゃ無いんでそんくらいな話し。

昔のドカティ好きな方なら良くわかると思いますが、あのDESMOの誇らしげな書体のデカール、あれカッコイイ。
けど何故かいつもナローに心が惹かれてマイナー路線に行ってしまう。
だから「ノンDESMO」ってデカール自作してカウルにでも貼ろうと手に入れる前から思ってた。
貼ってないけど。
タンクにもDUCATIのデカール貼ってないしさ。

元から貼ってあれば別なんだけど、タンク変えた時点でいかにもっぽさ無いほうがいいかと思い貼ってない。


また話しが逸れましたが、バルブ回りの分解はこのスプリングを押してあげて分解します。

これもバルブスプリングコンプレッサーという専用の工具ありまして、今はネットで安く買えるので買うつもりでいました。
がただの大きいクランプなんでボクのバイク屋、ホームセンターでクランプと小さい水道用のしっかしりした塩ビ管用意してやりました。
自作で全く問題無いですが、専用工具買ってもいくらもしませんので、手間含めたらどっちもどっちです。
じゃ、なんでか、ってーと品物待つのがうんと嫌いなのと、ただのクランプとして使える時があるかもしれんからです。



かます。
c0145582_126477.jpg

アルミの材質も今と比べると相当低いだろうし、肉は薄いということでゴムくらいは当ててあげたほうがいい。



こんな感じ。
c0145582_1265460.jpg




先端が磁石になってる棒使って「コッター」を外す。
c0145582_1273069.jpg

塩ビ管くり貫いた跡がイマイチですが仕方ない。


外れたバルブとコッター。
c0145582_1272335.jpg

コッターをキャッチするため磁石が欲しく、こういった物は娘が持ってたりするかもと聞いてみるも、どこかにいっちゃったらしいです。

そんなもんだ。


ね、バルブも短いでしょ。


ロッカー
c0145582_1275089.jpg

ロッカーピン、IN側外れず大変だった。
前レストアラーがまじですげー雑なんだよ。全く。

ピストンきれいだったから許すが。




ここまでバラすのはいつ振りでしょうか?


10代後半にいじり倒して、サイドカバーに絵を描いたりして今思えば相当いかしてたが、そもそもが原付だったというあのスクーター以来か?

名前も出てこんが。


あの原付にヒッピーなお花のシールいっぱい貼ったヘルメットぶら下げておいたら、お姉さんに声掛けられたの思い出したぞ。

まー、それっきりだったことも思い出したが。。。


その後イギリス車に行ったがパッソルも乗ったなぁ。

酔っ払って居眠り運転で抜け道クランクしてる所で高圧線の壁に激突してお釈迦になったような。
痛かったなぁ。血だらけで。
オレがお釈迦になんなくて良かったけど。あれも分解して組めずに捨てたんだったか???

あんまり痛くて医者言ったら「お前悪いクスリやってるだろ」ってやたら検査させられたり。

わかる範囲でやってたら来てねーだろ。


無免でGPZの750乗り回したり。





なんでこんなバイクなんだろか、今さら。



おもちゃなんだな、きっと。





こうしておくと便利その2
c0145582_1275933.jpg

これでも思い出せなかったりするけどね。
[PR]
by mocambo131 | 2015-12-23 03:12 | バイク
もう後戻りできん、レストアだ レストア2-1
久し振りにワインを1人で1本と半分飲んでしまいじゃっかん気持ちが悪いボクです。



上の一文書くのも誤字が酷かったです。


ウエップ。





そう言えば久しく家でゲロッてません。




調子が良く喜んでたバイクですが、乗ろうと思ったらまたスロットルバルブが固着。

う~ん、エンジンは調子良いのだがな。。。



半年前のガソリンが悪いのか?燃調が悪いのか?実際上が回る時に回転が酷くあがってしまったりしてしまう。

スローは合ったがメインジェットが合っていない。
プラグも以前と比べると綺麗に焼けてるがいかんせん昔のデロルトのジェットをどこで手に入れたらいいかもさっぱり判らんし。

キャブレターはもう変えることにした。



キャブ何がいいかね?



話を戻して、キャブがベタベタってことは、インテークもベタベタだろうとキャブを外すとやっぱりベタベタだ。

これを機に綺麗にすることにした。


燃焼室のカーボン落としてせっかくなのでブラストまではやることに。


ってことでまずはマフラーを外さなならん。

がドカティのマフラーはボルトで着いてるんじゃ無いんで特殊工具が必要だがイーベイで手に入れなならん。
待ってられんしいくらも払えん。

ってことで、手持ちのサスの硬さ変える為のフックレンチをグラインダーで加工してみたが微妙に合わない。


しゃーないんで偶然?近くにあるアストロプロダクツで可動式のフックレンチ買ってきて外しました。
c0145582_17323315.jpg

マニュアルにはここにガスケット入ってるはずなんだが。。。
c0145582_17325213.jpg

で上死点出しまして、
c0145582_17331343.jpg

ヘッドを外すんですが、
外れない。

シリンダーとヘッドは揺すると動くんで、ベベルチューブがくっ付いちゃってる感じ。
いきなり困った。

なんせ初めてでよく判んない。


無理やりやって壊してもあかんしなぁ。



この世界では有名な、しかしお会いしたことも無いIさんという方に恐縮ながら聞いてみたら、その場合、
ベベルチューブを残す方法を取ればヘッドとシリンダー外れることを教えてもらう。
ヘッドとチューブを繋ぐオイルライン部を外し、ベベルギアの上の部分も外す。
c0145582_17332475.jpg

と、あっさり外れました、ヘッド。
c0145582_17341795.jpg

中は思ってたよりはマシでホッとしました。

あー、ピストン見るの怖い。

だって替えが利かないからさ。
c0145582_17342832.jpg

お、なんか大丈夫そう。

実際白煙吹いたことは一度も無いしな。



c0145582_17345186.jpg

いやー、シリンダーも綺麗だ!白い点々は地面が写ってるだけであります。



ジャーン
c0145582_17345951.jpg

おいおい、いーでないか。

ピストンサークリップ外しましてなんとかピストン離脱。
c0145582_17351326.jpg

感動的に綺麗で嬉しい。

維持していきたいもんだ。

カーボンどうやって落とすかな。
c0145582_1736192.jpg




はずしたボルト類はこうしておくと役立ちます。
c0145582_1736927.jpg




今回はここまで。次回に続きます。


あー、気持ち悪い。





第二期レストアブログ発射です。
[PR]
by mocambo131 | 2015-12-13 18:28 | バイク
アクセルワイヤー交換 run16 フフフ。
いや~、実にご機嫌ですぞ、我輩。



フフフ。


今までの中で1番調子良いのだよ。

マイ ドカティ シングル君が。


実に気分爽快ってなもんだ。



先週タペット調整したでしょ。オイル交換もしたし。
そんで気分を良くした我輩は、もう今日が待ち遠しいったらありゃしねー。

修理だ!

ひどいアクセルをなんとかせねば。


もう多分伸び伸びなんだろうアクセルワイヤー。
それに若干短い。

アウターも新調して、かつてのワークスマシンのようなケーブルの取り回し(判らんよね・・・)にしたい。

で始めました。


朝7時から。




開ける。
c0145582_1695057.jpg

すぐばっちくなる。

のは、ケーブルが少し短いせいでキャップが完全にはまらず、そのせいで引っ張られたスロットルが斜めになっており隙間が出来てる、と予想。
現に傷も付いてた。

あぶねーあぶねー。

アクセル側も外しまして、
分解
c0145582_1610787.jpg

タイコはキャップを通り抜けない・・・面倒だ。
c0145582_16101526.jpg

が、タイコは使い回さねばならない。
c0145582_16103615.jpg

古いワイヤーからタイコを外します。

写真無いが、しっかりフラックス掛けてからハンダ。

一生懸命溢れたハンダをやすりx2(アクセル側とキャブ側)しまして、タイコを納め、
c0145582_16104162.jpg

勘と言うか適当にスプリングとの長さを出す。

そんで大体ですが全長7~8センチほど長くした。

タイコ~タイコで88センチほど。

スロットルも、うす~くコンパウンドできれいに。
汚れ落とす程度です。削っちゃまずいですからね。
ここはガソリン入るし、冷たいやら熱くなるしで、パーツクリーナぶっ掛けてキレイにしときましょう。


組み直して、エンジン掛けると・・・

いきなりいい感じ。

今までワイヤーが伸びちゃって戻らなくなってたんで、勝手にアイドリング上がったりでしたが、無くなった。
キャップもちゃんと閉まってなかったからエアー入ってただろうし。

アイドリング調整して一っ走りして来た、ってところです。


アクセルワークもきびきびだし、こう調子良いとやっぱり問題はフロントフォークだなぁ。


なんか、ついにここまで来た、という感じだ。




これでだめならケイヒンのPE24でも付けてみようかな?
と思ってたんで、得した気分。
[PR]
by mocambo131 | 2015-11-21 16:51 | バイク
キャブレターの適正口径
キャブレターについて考え出して眠れない皆様、今晩は。


昨日は眠れずに逆にいってみよう、とわざわざ深夜2時にニコニコ動画で「富江 beginning」を見てみたボクです。




まんまと最後まで見てしまいました。



なんだかなー。


20年ほど前、代官山でお見かけしましたよ。

すげー、渋くてびっくりしたんだよなぁ。

全然、なんだかなー、って感じじゃなかった。



ボクには「鳴海さぁ~ん!」って言ってんのが瞼に焼き付いております!




焼き付いておりますが、焼き付かないようにしなければいけません。


エンジンは。


なんかそのうちブローさせそうな予感でいっぱいなんですが、はてさて、オラのバイクのキャブって口径合ってんの?

と素直な疑問が。


だってフレームとエンジンが合ってませんからね。打刻。
全然構わんけど。

キャブ、これもしかしてでかいんでは?24ミリってさ。
c0145582_23192428.jpg

と思い調べると、なんと!計算式発見!!

しかもミクニのらしい。

こりゃでかした。


これです。
最適口径D(mm)=0.65×√(排気量:cc×最大出力発生回転数:rpm×0.001)

√←これルートね、ルート。

ルートってなんだっけ、は省いて、電卓にルートあるんで、そのまま掛け算してちょーだい。

ではワシのバイクは、ってーと、175CCで7500rpm(マニュアル参照)なんで、


D=0.65×√(175×7500×0.001)
 =23.5

と出やがった!

つまりは今24ミリが付いてんからベリーマッチでした。


これで納得してこのキャブ使えるってなもんだ。


アクセルワイヤーが伸びてるか、どっかささくれたのか、戻りがもうダメなんで、早く換えたい。


早く換えて、アイドリング安定させて、乗りたい!

せっかくタペット調整したんだからさ。

マンションの駐車場で調整してる時にこの手のバイクが通りかかって、
c0145582_2355552.jpg

ボクの趣味とは違うけどこれがまた、良かったんだよね。この写真のよりも良かったなぁ。
信号待ちで観察しましたが、アイドリングから始動まで実に安定して良かった。
排気音はそれなりだったけど、それもきっちりとしたいい音だった。
おまけに乗ってる方がまだ若そうでとてもお洒落で。

こういう刺激を受けるのが大好きで、オレも頑張ろう、と思うわけであります。



ってなわけで、キャブのサイズに関しては一件落着しましたので、

富江でも見ようかと思います。


怖い映画は真っ暗な深夜2時頃に独りでみるのがいいよね。



なんだかんだかなー。
[PR]
by mocambo131 | 2015-11-19 00:11 | バイク
ducati single タペット調整&run15
先日246を下りまして、厚木らへんの立体交差降りたところで左車線をボボボッー!
と追い抜く車が。

ワークスカラーのFIAT131ABARTH、師匠でねーか!

熱海でのヒルクライム参戦だったそうです。



バリバリですな!!さすがでございます。



オラの方はと言いますと、重い重い腰を上げ、とっても気になるメカニカルノイズの原因と思われる
タペットの調整を本日昼から晴れたのでイヤイヤやりました。

でだ。

オレのバイクのエンジン175ccなんだが、モデルなんだ?

えー、そこからです。

確かSとかTSとかSPORTSとかマニュアルに載ってたな。
で、どれか1モデルだけタペットのクリアランスが違うので、ちゃんとモデルを把握しないとイカンのだ。
c0145582_18192593.jpg

TSだったっちゃ。

ってことでクリアランス決定。
おっぱじめるか。

ちょっとあれなんで、ネットをググッてみたが・・・
こういうのを自分でやってるDUCATI SINGLEブログは見つからず。
いちいち上げんのか、店に出すのか?

ま、想定内。タペットくらいはどーってことねーべ。
c0145582_18193981.jpg

まずはベベルギアんとこ開ける。
c0145582_6455854.jpg


はい開ける開ける。
インテーク
c0145582_1820951.jpg

EX
c0145582_18202471.jpg


ちなみに六角の長さバラバラなんで要注意っす。
c0145582_18204046.jpg



で、4速に入れて。

リアホイール回して、ベベルギアの丸マーク合わせて上死点出します。

もちろんプラグは先に抜いておかんと圧縮きつくて回りませんぞ。
そんで一応プラグホールの指乗せて、圧縮の確認もした。

丸マーク合わせてるんで間違いないけど、圧縮を指で確認しておけば、次回はベベルギアの丸マーク会わせも省けるってもんだ。

あとはシックネスゲージで調整。
ナットは12ミリでしたねー。
c0145582_1821031.jpg

吸気側、排気側、共に当然クリアランスが広い。
しかし昔のドカティ、素晴らしい操作性。
メンテとってもし易いな。


ほんでせっかく、というか、当たり前というかガスケット交換。
以前無職時代にシートからくり貫いておいたガスケット。

穴、開けてなかった・・・とほほ。
c0145582_18211425.jpg

こっちも。
c0145582_18212695.jpg


液体ガスケットが残っててちょい難儀。

オラ、液体ガスケットは併用せず。


元通りネジ締めまして、いざエンジン始動のために、

押し掛け。

3回やって、掛からずゼーゼー。

電気が来てない感じー。


おっと、プラグコード抜いたまんまだった。。。


で、乗ってきたぜ~!!

メカニカルノイズ激減!!

やった。

がアクセルが相変わらずおかしいぞっと。


次回はアクセルワイヤー作りとなりそうです。



ヘッド開けないし、エンジン降ろさんぞ。
[PR]
by mocambo131 | 2015-11-15 19:05 | バイク
ありゃ?スロットルが回らん run14
悩みがあります。





老眼がしどいです。







週末は沢登りばかりでぜんっぜんバイクに乗ってない。

前回記事はrun11の4月ぅ~。半年経ったか。



確かducati single meetingとかいうのに行ったのが5月だったからあれがrun12。



そんで7月くらいに確か乗って、明らかに空冷エンジンが「暑ィーよ~」って言うんで夏は乗らずにいた。


ら、エンジンすら掛けずに今(10月)になってしもうた。




で、久し振りに乗っておこうと、まずはバッテリーの電圧チェック。

バッチリだ。

では坂の上まで押して、押し掛け。

も、おっとっと!

アクセルが動かん!!

うわわ、で、家に戻る。


どうしたことか!!

喜んでるボクがいる!


細かいことは置いといて、取りあえず乗り回せるまでになってたんでネタが無かったマイバイク。

レストアブログとはおさらば状態だったが。

修理だ!!



ワイヤー切れて引っかかってるのかな?
が普通1番目に疑うでしょ。

でキャブのカバーナットを外してみたら、
c0145582_1371972.jpg

あれま、固着してる。

スロットルが。

おー良かった、力任せにアクセル開けないで。
間違いなくワイヤー切るところだったぞ。

タンク外してからキャブ外して本格的に見てみる。
c0145582_1372447.jpg

なんか汚れや不燃ガスやらが付いてベタベタが固まったっぽい。




そんで
c0145582_1373310.jpg

う~ん、ヘビーカーボン・・・



キャブを半バラで
c0145582_1374357.jpg

お掃除。

キャブばらし久し振り過ぎのせいか、ニードルジェットの頭を軽くだが舐めてもうた。

も、ソケットが入るので気にしないでオッケー。ラッキー。


で、組み直して1周してきました。

ちょっとアクセル関係が若干おかしい。
のと俄然メカニカルノイズが元気になったような。

も、バイク自体は走るぞ~、と訴えてくる。


大事になる前にヘッドやらんとなー。


やらないんだろうなー。



転ばぬ先のメンテ。





[PR]
by mocambo131 | 2015-10-04 13:41 | バイク


ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2001年 11月
お気に入りブログ
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧