世田谷区三宿にあったバー、mocamboでした。みんな、アタース!
by mocambo131
原小屋沢で気持ちよく

c0145582_08433711.jpg




今年もそれなりに沢に入ってはいます。

が釣りばかりでしかも、何故か?というか、なんというか、良いサイズばかり今年は釣れまして、沢としては明かすわけにはいかず記事に出来ないでいます。


これまた記事にしてませんが、今年1月にラッキョとケンタローと三人でがっつり屋久島に入りまして、屋久島で完全燃焼、すっかり山から遠ざかってしまいました。


ということでなまりまくってしまった我が身体。

たまにはしっかり歩きましょう、で選んだのは原小屋沢。
林道も開通再開しましたしねー。

あの封鎖で実は結構いい思いもしました。
イワナ。

ですがやはり再開したらダメですね。


ってことで
c0145582_08410598.jpg
魚留橋



伝道はしょりましての
c0145582_08413392.jpg


水少ない。




久し振りに来ましたが、濡れないで丸太橋3つ渡れたのはこれが初めてでした。
寒い冬に限ってしっかり濡らされますが。


それから伝道の造林小屋もさらに傾いてたなぁ。

何か写ったら嫌で、最近ああいった建造物は写真に撮らない。



てくてく。


大岩ノ滝だっけ?あたりから沢装備。
c0145582_08414937.jpg
ぬぬ、やられた。

前から使ってた沢用の靴下はヒルの口を通さなかったが、今年新調したのは全然ダメ。
今年はやられっぱなしです。

のでポイズンリムーバーでささやかな抵抗しましたが、やっぱ痒くなった。



でいざ沢登り開始です。

が水が少ない。


雷滝が、、、


なんか普通によくある滝に。


なので写真も撮り忘れ、お陰で歩きやすく、またまたはしょりまして

c0145582_08421886.jpg
バケモノ滝に無事到着。

奥行きがあっていー滝だなぁ。



上アップ
c0145582_08423305.jpg
バケモノ感は、ないなぁ。

チョックしとる倒木がバケモノ級に古いらしい。
70年はいるらしいのだとか、、、はたして?

原小屋沢はまぁまぁ長目の沢なのでアクアステルスで来ましたが、基本ぬめっててフエルトのがいいかな。
単独だと巻きもそれなりなのでやっぱ、どっちもどっちですかね。



c0145582_09241938.jpg
原小屋沢を象徴する景観、渓観。

ガータゴヤではないよー。

結構写真を撮ってない。

良い小滝沢山です。




でほどなく、というかやっと、
c0145582_08424954.jpg
ガータゴヤの滝!

すんばらしい!!



スラブのでっかい滝も歴史というか、古代を彷彿とさせてくれていいけど、こういった断層がぶつかりあってるボコボコの滝も迫力あっていいなー。

今日は水少ないけど。


ここで大休止。
c0145582_08435893.jpg
足が持つか、早くも心配で情けない。


ランニングも屋久島のためにしてたんで、すっかりやめてしまいお腹も出てきたし。


左岸から踏み跡たどって安全に巻いて上へ。

もう少し楽しませてもらってから原小屋沢は、急に穏やかになります。
c0145582_08442995.jpg
全く違う、優しい渓に。
c0145582_08445848.jpg
c0145582_08454282.jpg
詰めです。


詰めとは言いませんね。



そうなんです。

きつい詰めが無いのでこの沢の遡行を選びました。



ほどなく原小屋平。

で、沢装備外しまして休憩。


なんだかんだ疲れました。



姫次(ひめつぐ)、キレイで広くなってたね。
ちょっとおどろく。


榛の木丸経由で直接林道へ降りる計画なので、あの控え目な看板を楽しみに歩くとこれが。
c0145582_08455727.jpg
あらら、無残。
しかも反対向いて倒れてたのでこちら向きに立て直したら、



ぬぬぬ?

ヘアピンカーブコースだと?


すぐにピンと来ましたが、なかなかネーミングセンスがおありです。ええ。




ちなみにこれは6年前の2011年の時の物です。
c0145582_08522931.jpg
とても控え目で、好きでした。

これを書いた方は、木に赤ペンキ(大嫌い)なんかスプレーしない人でしょう。
好きでした。


ということで、ここもすんばらしい、尾根道でして、
c0145582_08462798.jpg
原生林でして


山にいると感じさせてくれます。
c0145582_08465149.jpg
丹沢でマンメイドが目に入らない遠景は貴重だなぁ。





これなんだ?
c0145582_08470530.jpg





でよっこらしょで
c0145582_08473400.jpg
あらら。ボクの知ってる榛の木丸と違うんですが。

6年経つと変わりますね。。。




ボクの知ってる榛の木丸はこっちです。
c0145582_08523520.jpg
ラッキョの髪も短いがな!
な、2011年。




あとは降るだけ。

とにかく降る。


膝痛くなった。


以前は地形図にらめっこしてやってましたが、もうgpsです。
gpsサマサマです。

が、テープやらペンキやらマーキングだらけで非常につまんない。
途中から知らない歩いたこと無い尾根を降るのでかなり緊張感を持って挑んでいたんですがね。

がっかり。


で、ここが今回のゴール、に出ました。
c0145582_08475672.jpg




c0145582_08483078.jpg

そうそう、ここがヘアピンカーブです。







ゴールをコース名にするとは、なかなかおつでありました。











暑くなったとは言え、沢で感じる水、稜線で受ける風、は共に夏のそれとは違いました。






気持ち良かったなぁ。


ルート
c0145582_08484953.png
拡大

[PR]
by mocambo131 | 2017-06-20 10:01 | 沢登り
<< abu 5600c オーバーホ... BP5 レガシィ オイルとエレ... >>


ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2001年 11月
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧