世田谷区三宿にあったバー、mocamboでした。みんな、アタース!
by mocambo131
仙丈ケ岳ではなく小仙丈ケ岳
なんということか。

ガッデムでありんす。



これ見てくれ。
c0145582_11283915.jpg

雪泊が素敵で満喫で満足でマックスで。



仙丈ケ岳がどうでもよくなってしまったぁ!




下山後こうしてブログアップしてると、あれれ。



行けば良かった感がマックスだぁ!

でも今は東京。

残念!





ってことで急遽平日連休どうするか。

そう、ケリが付いてない雪山に泊まりに行こう。




どこ行く?

伊那でしょ。


寒っ。。。





本当にいつも毎度な~んで、行ってから調べるんでしょうか?
行く前に調べろよ、おれ。

大体で行くからこーなる。


ってことで大体で戸台駐車場へ。
間違えて手前に入ってしまいたまたま居たおいちゃんに道聞く。

で、駐車場に着いたらさ。



え?あれは?_?


ラッキョのくるまぁー!!
c0145582_11383839.jpg


ま、まじか。


もう。電話くれりゃいーのに。

あ、すりゃ良かったのか。


ま、いい。


ボンネット触ってみる。

と、暖かくない。
これは今日入ったんじゃねーな、フムフム。

ってオレは探偵かっつーの。

なんだかんだもう8時半。
取りあえず歩き出す。

河原が長いんでブーツは背負ってスニーカーなんだが、重い。
荷物が非常に重い。

あのね、長いって本当に長いぞ。
7キロはあるかんね。

で、ひーこらこいてもうすぐ山道取り付き、ってところでラッキョと健太郎君に遭遇。
なんとお帰りになるところ。
2泊で入ってたそうな。

いやー、残念。

しばし談笑しお別れ。


ほんで靴履き変えデポ。
c0145582_11441281.jpg

いつも帰りに蕁麻疹出るほどコーラ飲みたくなるんでコーラも忍ばす。

しかし誰も居ない。

とここで確信する。
ジョギングの効果が実感して判る。

やってきて良かった。
特にタイムが早いとかじゃないし、きつくてしばしば休むんだが、体が全然楽だ。
よしよし。


で北沢峠。
c0145582_11485117.jpg

なんと、夏はここまでバスで来れるとは。
この苦労はなんなんだ。

と思いつつ。

夏は結局来ないので仕方ない。


しかし本当に人っ子一人おらん。
c0145582_115025.jpg

こんな綺麗な小屋に重機まであって、なのに人が居ないとまるで時間が止まったかのようだ。

ここからちょいで本日のテント場。

長衛小屋。
c0145582_11514994.jpg


ふー、重かった。
c0145582_11523179.jpg

なんか建築途中の巨大イグルーはあるし、テーブルもあるし、水は普通に出てるしで、嬉し過ぎる!


じゃーん
c0145582_11541140.jpg

最高!


まいった!!


1人でちょい怖いが、沢に1人で泊まること思えばなんてことない。

テンションあがってしまいました。

3種類売ってたんで買ってきた。
c0145582_11563964.jpg

のみましょう。


食いましょう。
c0145582_11571595.jpg

ちなみに翌朝も同じメニュー。


8℃くらいある。
c0145582_11584764.jpg



うまそうでしょ。
c0145582_11593540.jpg



翌朝テント内
c0145582_120448.jpg

マイナス4℃くらい。
とデジカメのバッテリーが低すぎる気温でダメ。


日の出と共に行動開始する予定がテント内快適で目覚めは日の出後。

とほほ。


携帯で撮影。
支度して飯食って、なんだかんだで
c0145582_1284098.jpg

登山道取り付き7:40になってしまった。

完全に遅刻だ。これは。


行けるのか、おい。


重いザックはここにデポ。
出発!

も、結構斜度ある。
樹林帯も長い。
そんで小仙丈へ。
c0145582_12114962.jpg

10:40なり。

どうするか?

今日のオラの体力と気力なら行けるのは確実だが問題は時間だ。
そもそも、車を止めた駐車場からこの先の仙丈ケ岳までがこんなに遠いとは思っていなかった。

なのでT子に遅くなることは一言も言ってなかった。
18時過ぎて連絡無いと捜索願い出される。

迷う。

一生懸命逆算して今日はここで引き返すことに。


ここからの眺めも充分素敵なので焼付け下山。

下山あっという間。

デポ地で食ったパンがまー美味いこと。

肩に食い込むザック背負い、長い道のりを降る。
やっとの思いでスニーカーとコーラのデポ地でコーラうまいがブーツ背負いもう重過ぎて泣きそうだ。

河原歩き長過ぎる。


半泣きで車に着いて家路に付くと腕時計とカーナビの時間が30分も違う。
腕時計のほうが遅い時間だ。



あれ?

じゃ、小仙丈ケ岳の時10:10だったんかいな?

行けたなー。

だって今まだ15時過ぎだもんな。


仕方ない。


で車を出し、こう思った。

もう来ないな。

と。




が今日になったらムショウにまた行きたくなってきた。

困ったもんです。


ケリは付いたような付かないような。




すっかり寒冷地順応して身体がポカポカです。

こんな3月末日にモフモフな雪楽しめて、こんなに安全にアプローチ出来る3,000Mは無いね。
[PR]
by mocambo131 | 2016-04-01 12:28 |
<< run 3月 弟はテンカラ師 >>


ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2001年 11月
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧