世田谷区三宿にあったバー、mocamboでした。みんな、アタース!
by mocambo131
二人MMC 丹沢 大倉~塔ノ岳~鍋割山~大倉
昨日(3/2)、小雨の中ラッキョと二人で丹沢に行ってきました。

天気予報では「晴れ」だったんですけどね。

5:39下北発急行で渋沢発1番のバス6:45発に乗り込んでの、これ以上公共移動手段での大倉入りは早く出来ない、というスケジュールで挑みました。

天気良かったら「蛭ヶ岳」までを狙っての日程です。

本日の軽量バージョンパック
c0145582_15444620.jpg

ストーブ無しの、中にはタオルと行動食と地図と水だけです。軽量化したいですが水だけは怖くて減らせないので相変わらずの2リッター。
ダブルストックは前回の箱根の際、帰ってきてからの次の日に若干ヒザが痛かったんで、今回はヒザを労わるべく最初からダブルでかましました。


本当にありがたいことなんですが、結局マァマァ飲んでしまい(ラッキョごめん!)、なーんと!下北から渋沢までずっと寝てしまった・・・zzz・・・

知らない間に夜は明けていたんですが、まさかの曇天。

まずは大倉センターまでバスで行きます。
雨振ってます。
今日も40代おじさんはアミノバイタル3000mg飲んでます。

そんで、
「どーしよっか?」
「ここまで来たし、塔ノ岳までだけ行こうか?」
(内心はね、もうフリーパス買っちゃったしなー、山辞めて温泉でもいいけどね、肝心の温泉まだ開いてないしね・・・グズグズ・・・です)

ラッキョの「行きましょう!」の一言でおじさんやる気フルチャージ!っす!!
c0145582_15565517.jpg

しかしカワイイ顔してやがる。今からでもいいから顔だけ交換してくんないかね?
7:20くらいにいざ出発であります!


そんでオラは気が付いていた。
4回目の山登りで既に、ラッキョという花が咲きそうなことを。
超自然児ラッキョはMMCメンバーの中では大の冒険家であることを。

自分のペース以上で歩くと(頑張ると)、確実にバテてしまい、結果遅くなり最後まで辿り着けなくなることを十分承知しているのでラッキョは先に行かせる。

バカ尾根、途中からそれぞれ一人旅。いーね。
もう自分のペースってのがオラは判ってるので、疲れ切る歩きはしなくなった。より楽しくなった。

途中から雨は雪になり、これはこれで逆に最高な山歩きになっていた。
c0145582_1616244.jpg

花立手前で振り返る。
c0145582_16165346.jpg

モカンボ
c0145582_16172322.jpg

ちょっとずつなのに確実に積もってゆく雪。
ちょっとずつなのに確実に積もって行く便意。ってオイ!
c0145582_1619269.jpg

まじでやばかったわー!!もう!
箱根に続き2回連続でお漏らし寸前だ。もう。
ココ開いてたから良かったけど閉まってたらと思うと・・・紙忘れてたからさ。
ちなみに箱根と違い丹沢は、どこでも大きなキジが撃てます(トイレね)。ハイ。

この写真のトイレは花立山荘と言って塔ノ岳までの最後の関所みたいなところのトイレなんですが、なんとこのトイレの扉の前に、そらーでっかいオスの鹿がデーんと鎮座してて、オラにまるで気が付いてくれてないご様子。

オイオイ、鹿クン、どいてくれないと、ここで出ちゃうじゃないか!
でもびっくりさせて怒らせちゃったりして、あのでっかい角で突進されたら、それはそれでお漏らし確実だしなー。


しょうがないんでワザと音を立ててみた。

こっちを向いて見つめ合い、唖然とするボク達。

ケツが限界点(なんだそれは?)で、見つめ合いも限界まで来た時に、鹿が動いた!
一回反転して、ビョーン!って上の登山道まで飛んでった!そこからオラを見てる。ならばオレも!
ビョーンってトイレの扉に手を掛けた。
良かった、開いてた。
ありがとう、トイレ。
さっさとどっか行ってくれ、鹿。

トイレから出てまだ鹿クンいたら、会話してみようと思ったんですが、残念ながらいませんでした。

ほんでおっちらこっちら歩き出します。
今日も休憩無し歩行です。
キツイですが、それは当たり前ですからね。前進あるのみです。
頭に巻いた汗止めがキンキンに冷えて、逆に頭痛いですが気にせず前進です。

ほどなく頂上です。
c0145582_16451161.jpg

9:52の写真ですね。
10時前に塔ノ岳着いてしまった。なんてことだ。
この展望なんで今日はここまでにしました。
尊仏山荘さんでのんびりさせてもらいました。
ちなみにラッキョはボクより15分くらい前に着いたそうです。
トイレでの鹿とのやりとりを差し引いても大したもんです!
ラッキョという大輪が咲きました!
c0145582_16513488.jpg
c0145582_16515543.jpg

ここからはのんびりと鍋割山稜から鍋割山の雪道を二人で楽しみ、鍋割山からの下山で鍋割山荘のご主人、草野さんのボッカとすれ違って、頂上の雪の具合聞かれたり、でした。
c0145582_16552460.jpg
c0145582_16554273.jpg

この下りは沢絡みでして、沢の音でラッキョ、テンションアップ!
c0145582_16565933.jpg

c0145582_16573865.jpg

嫌いな林道歩きも二人であーでもないこーでもないしてたら終わってました。
c0145582_16583716.jpg

大倉発13:53で帰ってきました。

とてもすがすがしい山となりました。意外にも二人で、ってのはマチと行って以来2回目で、やっぱり楽しかったです。

ラッキョ、また行こうぜ!!
[PR]
by mocambo131 | 2011-03-03 17:00 |
<< 天気良かった 2月は誕生会を、 >>


ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2001年 11月
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧